巨人軍マンセー

一日だけの外出を存分に満喫する飯テロ"ギャップ笑い"漫画『1日外出録ハンチョウ』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51V-awBHYbL._SY300_.jpg

 

帝愛の地下強制労働施設のチンチロで有名な大槻班長が主人公

一般的な飯テロ漫画と一線を画しているのは、あくまで飯が主ではなく「1日外出」を徹底して味わいつくすライフスタイルを描いているという点、終わりなく続く監禁過酷労働の中、1日だけ有料で手に入れられる休日を謳歌する作品。

居酒屋グルメや屋台飯、スナック菓子などがメインのグルメ作品、カイジの世界観と見事にマッチしていて最高

 

https://pbs.twimg.com/media/DbMjgA5VMAIdAoJ.jpg

(出典:『1日外出録ハンチョウ』)

 

大槻班長を主役に据えたB級グルメ作品

地下で強制労働させられている男が、一日だけの外出を存分に満喫するカイジスピンオフ。登場人物たちが普段見せない一面を見せる味わい深い話となっている

 

https://pbs.twimg.com/media/DOMjW2EUMAAFjuU.jpg

(出典:『1日外出録ハンチョウ』)

 

B級C級グルメ漫画が乱立する中頭一つ抜きん出て漫画として出来がよくて面白い。オッサン全開の庶民的メシの話が多くて笑える

 

f:id:ryocuu:20180525210932j:plain

(出典:『1日外出録ハンチョウ』)

 

1日外出し慣れすぎてることが分かる大槻班長

1日外出券で地下暮らしとは思えない贅沢三昧をする、オフの日を過ごす天才大槻班長を拝める、のんきな内容で、良い話風に締めている話が多いので、すっかり忘れていたけど、外出券の大半はこいつらがイカサマのチンチロで巻き上げた金だということを思い出す

 

f:id:ryocuu:20180525210754j:plain

(出典:『1日外出録ハンチョウ』)

 

本編ではズル賢い小悪党キャラをメイン

イヤな奴でセコい悪党だったのに、親しい者には人情的な一面を持つ大槻班長。班長を慕う弟分の沼川。天然で空気読めない行動をとる石和など、本編での陰湿さや狡猾さは控えられており、愛着すら湧く

それだけ本編で、キャラクターが作中際立っていたからなんやと改め認識させられる。

 

f:id:ryocuu:20180525210902j:plain

(出典:『1日外出録ハンチョウ』)

 

まとめ

『1日外出録ハンチョウ』を紹介しました。

食べてるものはブリ大根や、卵雑炊といった地味なものばかりなのに食欲をそそる、劣悪な地下生活ですら満喫し、チンチロリンと物販で他の労働者から搾取する、大槻の生き様を堪能しよう。

漫画を安く読む方法

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

▼イチオシはeBookJapan