巨人軍マンセー

庶民的な料理で飯テロを仕掛けて来る『異世界居酒屋「のぶ」』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61etfDrSLTL._SY300_.jpg

 

ありふれたメニューを異世界に当てはめることで、新鮮さを出す作品、常連客とのからみも多彩になって安心の変則グルメ漫画。

リアクション芸が無く、 居酒屋にあるありふれたメニューを初めて食べる異世界の人達。食べる描写を見てるだけで幸せな気持ちになる

 

f:id:ryocuu:20180523205052j:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』)

 

異世界で日本の居酒屋経営という世界観

庶民派の和風居酒屋と、RPG風な古都が繋がってできた奇妙で暖かな世界観、最近流行りの異世界料理モノとはいえ、世界観は中世欧州っぽく、異世界というより海外日本居酒屋漫画という印象

 

f:id:ryocuu:20180525153458p:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』)

 

巻を増すごとに深みが出て面白くなる

ほっこり心温まる世界観に、巻を追うごとに、未体験の料理や酒が評判を呼び、新キャラ達も続々加わっていく

現代世界というアドバンテージに甘えず味を追求する大将も、その街で暮らす様々な騒がしい人々も、登場人物が皆魅力的。

 

f:id:ryocuu:20180525153103j:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』)

 

出てくる料理は庶民的なだけに、普通の食べ物をいかに普通以上に魅力的に描くかが重要だが、絵が綺麗で、庶民や偉い人を圧倒する平和なカタルシスが見所かつ面白い。口当たりよく読める

 

f:id:ryocuu:20180525153035j:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』)

 

色んな種族が出てくるから多少シリアスな面も

ほのぼのとした話が多いが、多少シリアスな面もある。3巻で結構重要なエピソードを迎える、ビールがまさか違法で「居酒屋のぶ」の営業が打ち切りの危機に陥いる…その結末があまりに熱くて興奮する。

 

f:id:ryocuu:20180525153003j:plain

(出典:『異世界居酒屋「のぶ」』) 

 

まとめ 

『異世界居酒屋「のぶ」』を紹介しました。 

食を通じて文化、経済、流通、思想、様々な物への影響、当事者の心境が描かれているのが嬉しい。居酒屋にある庶民料理だから身近に感じて、高い画力が相成って食欲をそそる。オススメです。

漫画を安く読む方法

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

▼イチオシはeBookJapan