巨人軍マンセー

ryocuu

純朴のような心と悪魔のようなお顔のギャップ『エンジェル伝説』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vJeIHkmKL._SY300_.jpg

 

2000年まで少年ジャンプで連載されていた作品で、天使のような心を持つが見た目が悪魔にしか見えない為、皆から恐れられている少年が引き起こすどたばたギャグ。

カメレオン的なすれ違いギャグ漫画。恋愛要素もあり、非常に美しい作品、見た目ヤバイのに、テンパると「キェェエーーー」って叫ぶところとか、神がかってる。

 

https://pbs.twimg.com/media/DQX3m8zUIAALcaF.jpg

(出典:『エンジェル伝説』)

 

成績優秀で温厚な性格の主人公

風貌故に最初は皆から恐れられてしまっているが、徐々に理解者も増えていき、その仲間達といろんなトラブルを乗り越えていく

彼を学園の番長と勘違いし集った不良達や武術少女が織り成す笑えるけどハートウォーミングな作品。

 

https://pbs.twimg.com/media/DL7_lR2U8AA12Ug.jpg

(出典:『エンジェル伝説』)

 

顔が怖いせいで誤解されて番長になる。ベタな設定だが、自身の天然さや勘違い、パニくると「キェェエーーー」しか言えなくなる体質が事態を余計、ややこしく面白くする。

散りばめられてるギャグが上手い事、ボディブローみたいに効いてくる形になってて、とても幸せに笑える。勘違いコメディの傑作

 

https://pbs.twimg.com/media/DQ98iM6UMAAOHHi.jpg

(出典:『エンジェル伝説』)

 

「CLAYMORE」の八木先生の初単行本

『エンジェル伝説』作者の八木教広はその後ダークファンタジー。の傑作『CLAYMORE』を描いている、読んでみると、作風の違いに驚くと思う、ギャグからシリアスへの振り幅が凄い

エンジェル伝説でギャグ、クレイモアでシリアス突っ走ったから次作では集大成的に引き出し全部使った作品描いてほしい

 

www.ryocuu.com

 

まとめ

『エンジェル伝説』を紹介しました。

2000年にジャンプで連載していた作品だが、今読んでも面白い。ギャグ描写は、時代や背景がハードルとなり笑えない現象があるのだが、これは殆んどない。

主人公に惹かれて友達が増えて甘酸っぱい青春を送るようになるのにホッコリ、登場人物みんな良キャラ揃いなので老若男女オススメできる。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴