巨人軍マンセー

ryocuu

少年漫画とは思えないほど容赦のない主人公『PSYREN』感想とあらすじ紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61U-bBAyMYL._SY300_.jpg

 

 一般人が突如荒廃した世界で、拾ったテレフォンカードを使い切るまで、未来へ飛ばされ、人ならざる者とPSY(異能力)を使って闘う話。

超能力で戦う王道作品、しかも最高なタイムパラドックス要素もたっぷりある、キャラも言わずもがな魅力的な作品、打ち切りになったのか最後スピード感がえらいことになっているが、未だにカルト的なファンの多い漫画。

 

https://pbs.twimg.com/media/CuqPRBNUEAAUq3b.jpg

 (出典:『PSYREN』)

 

現在と未来の二つの世界を行き来するストーリー

滅亡した未来の日本と現代を行き来して、滅亡の原因を作った組織とサイキックで戦う。超能力バトルものとしてもSFサスペンスとしても秀逸な作品

初期はサスペンス色の濃いアクションだったのが、中盤以降は、超能力を駆使して戦うジャンプらしい完全なバトル漫画で熱い

 

https://pbs.twimg.com/media/DafdI2rX0AEMcD0.jpg

  (出典:『PSYREN』)

 

https://pbs.twimg.com/card_img/985483839676940288/69aM6TcA?format=jpg&name=600x314

  (出典:『PSYREN』)

 

主人公の能力は歴代能力バトル漫画の中でもトップクラスの魅力

少年漫画の主人公とは思えないほど、目的のためならためらわず相手の息の根を止める、割りと珍しい解決方法取る作品。

主人公の能力が、防御無視の貫通攻撃する球体を生み出す、能力を感知したら敵味方関係なく追尾して消滅させる。一撃必殺級のチート

 

https://pbs.twimg.com/media/DaQLVWpUMAEA8HP.jpg

  (出典:『PSYREN』)

 

主人公の他に、ヒロインの雨宮が良い具合にキチってて、純粋なイカレ野郎とジャンプヒロインの狭間を激しく往復する

 

https://pbs.twimg.com/media/C6H2fNcVMAAiP0D.jpg

  (出典:『PSYREN』)

 

打ち切り気味の作品なのにカルトファンが多い作品

打ち切りくさい終わり方で、最後はかなり駆け足。話数が決まってぎりぎりまとめきった内容なものの、それを補って余りある序盤の理不尽さや中盤の謎解きはとてもスリリング

 

f:id:ryocuu:20180417024230j:plain

  (出典:『PSYREN』)

 

まとめ

『PSYREN』を紹介しました。

超能力バトルをきちんと脳と結びつけて意外と論理的に努力と勝利がある、謎が謎を呼ぶストーリー展開と、冷静過ぎて怖い主人公とヤンデレヒロインの活躍が最高にCOOLな名作なのでオススメ

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴