巨人軍マンセー

モブの「自立、成長」がテーマの青春モノ『モブサイコ100』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61dxB8HmyQL._SY300_.jpg

 

主人公最強設定に新たな地平を開いた『ワンパンマン』の作者が、新たに心理描写も加えて送るサイキックバトル漫画

超能力を持った男子中学生が主人公で、作画が振り切れたバトルがとても良い、主人公は「モテたい」とか「筋肉つけたい」とか、超能力ではどうにもならない所で真剣に悩んでいる、思春期特有の危うさと未熟さが詰まった爆弾みたいな魅力がある作品。

 

https://pbs.twimg.com/media/DXfXW9LVAAAy3Ms.jpg

(出典:『モブサイコ100』)

 

主人公の「モブ」こと影山茂夫

物語の主人公で作中最強の先天的エスパー。特別な力は生きていく上で不要だと考えており、素朴に生きている。

勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼が、そんな自分を変えるために奮闘する物語。

心の中にパラメータがあり、100%になると超能力が暴走してしまう。主人公の壊れ方が素晴らしい。周りからバカにされてた主人公が、覚醒した時の周りが「えっ」てなるのがめっちゃ快感

 

https://pbs.twimg.com/media/DXfXW9hVwAAFmsG.jpg

(出典:『モブサイコ100』)

 

サイキック青春グラフティ

ギャグから展開が始まっていき、話数が進むごとに人間ドラマが中心となり、更には超能力の異能バトルが始まる、シュールギャグかと思えばガチで異能者の孤独と悲哀を描いている。シーンのメリハリが良い作品。

 

f:id:ryocuu:20180415025200j:plain

(出典:『モブサイコ100』)

 

超能力っていう現実離れしたものをテーマにしてるけど、一人一人がちゃんと人間で悩みもあったり、思春期特有の感情の起伏や葛藤が垣間見えて俺は引き込まれる

 

超能力バトルに巻き込まれながら成長していく

この作品は、異能バトル漫画ではなく、超能力を持ったどこにでも居るありふれた少年の青春と成長を描いた漫画、 中盤ガチの超能力バトル展開が続くも、最後にはちゃんと青春グラフィティに戻る

 

https://pbs.twimg.com/media/DVhyjeDUQAAVNx7.jpg

(出典:『モブサイコ100』)

 

「ワンパンマン」と「モブサイコ」は、同じ作者で両方主人公が最強設定だけど、ワンパンマンは主人公が周りに影響を与えていく

モブサイコは周りから影響を受けて成長していくという、所で違いがあって両方面白い。主人公がちょっと天然で敵が必死に攻撃してるのに何事もなかったように敵を圧倒する点や、師弟愛など共通点も多い

 

まとめ

『モブサイコ100』を紹介しました。

ギャグを挟みながらの超能力バトル、人間ドラマ、すべてのバランスが最高に取れた作品なのでオススメします。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴