巨人軍マンセー

現実世界と異世界、混合の命を賭けたゲーム『ダーウィンズゲーム』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51+4Qc6l2AL._SY300_.jpg

 

『ダーウィンズゲーム』というアプリの招待を受けて起動してしまう。このゲームは各プレイヤーに異能と呼ばれる様々な超能力が与えられ、敵を倒す(殺す)とポイントが貰え、そのポイントで換金したり、勝負を有利に働かせたりするアイテムに変換できる。

プレイヤー個人個人には特殊な能力を使い、また頭脳も使いながらも戦っていく、先の展開が読めない作品。

 

f:id:ryocuu:20180405233451j:plain

 (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

異能バトル+ゲーム掛け引き

一時期流行したデスゲーム系の漫画

ソーシャルゲーム風な参加の仕方、相手とのバトルによる奪い合い、+特殊能力が備わっており、能力の幅広さやチーム戦含めた心理的な要素もあって、それらを活かして戦う漫画になっている

 

f:id:ryocuu:20180405232944j:plain

  (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

f:id:ryocuu:20180405233240j:plain

  (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

バトルをする度にポイントがもらえ、そのポイントはお金に換金出来るから、それ目当てにやってる奴も多い、故に初心者狩り等も横行している。

 

異能(シギル)と呼ばれる不思議な力

シギルという能力が与えられ、弱そうな能力でも上手く工夫されて使われており、尖ってる要素とか俺TUEEとかあまりないだけに現実的なリアルな思考を描いた戦闘で絵も見やすい。

能力も種類豊富。炎使い水使い系とか、透明人間になれるとか未来予知とか多様で面白い。

 

https://pbs.twimg.com/media/DHv45BLVoAAxh0X.jpg

  (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DJQlK8IVwAAgmgQ.jpg

  (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

中盤から主人公の覚醒は鳥肌もの

巻き込まれる形でDゲームに参加する事になった本作の主人公。

能力で、手元に見知った武器を創造できる。バトルには消極的で、いわゆる「戦いたくない」系主人公、ただ生き延びる事を目的としている。地味なキャラ設定。

 

https://pbs.twimg.com/media/C4tiN1JUcAUtkix.jpg

  (出典:『ダーウィンズゲーム』)

 

急な覚醒による平和主義系平和のためなら手段選ばない、主人公の無双モードは、覚悟決めた要の圧倒的な感じに、王道ながら非常にスカっとします

 

まとめ 

『ダーウィンズゲーム』を紹介しました。

最初はザコ感すらあった主人公が成長していくのと、強い味方ができるまでのテンポ王道的で良い。バトルと頭脳戦とのバランスも良いので、超能力バトルものが好きなら、読んで損はないと思う

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain