巨人軍マンセー

ryocuu

不殺主人公の厳しさに極限まで向き合った作品『トライガン』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51bdEvcFNRL._SY300_.jpg

 

平和主義者のガンマンの旅の話、不殺を志す平和主義者であり世界的犯罪者でもあるヴァッシュ・ザ・スタンピードの戦いを描くSFガンアクション漫画

不殺を志すが故に、その身に数えきれない程の傷を負っている、その姿に、不殺の道の険しさと厳しさが現れている。血反吐き、傷つき、失い泣きながら這いずって前に進み、絶対に言い訳をしなかった。テーマから目を逸らさず、完結を見せた見事な作品。

 

f:id:ryocuu:20180405160005j:plain

  (出典:『トライガン』)

 

斬新な世界観で壮大な作品

SFと西部劇が織り交ざった"人間台風"の物語。男達の繰り広げる格好いいガンアクション、単純そうで複雑な人間模様が特徴的

不殺主人公の厳しさに極限まで向き合った数少ない作品、優しさと狂気を同時に感じさせられた男の物語、ダークな世界観と武器のデザインが素晴らしい作品

 

f:id:ryocuu:20180405161302p:plain

  (出典:『トライガン』)

 

ずっと昔に人類を乗せた船が不時着した星……荒廃した大地……砂蒸気機関で砂漠を走る巨大な汽車、生きるために身体を改造したサイボーグアウトローたち、伝説のガンマン、十字架型重兵器をしょった牧師、なんかのワードに引っかかれば読んでみるべし。

 

f:id:ryocuu:20180405162722p:plain

  (出典:『トライガン』)

 

不殺の信念を持つ凄腕ガンマン

赤いコートでラブ&ピースを高らかに叫ぶ不殺のガンマン

主人公はワザと真っ赤なロングコートを羽織っています。理由は、「最高額の懸賞金を背負う俺はここに居る、銃口は自分へ向けろ、市井には向けるな、そして俺は誰も殺さない」という信念から。

 

f:id:ryocuu:20180405160730p:plain

  (出典:『トライガン』)

 

関西弁を話す牧師

表の顔は流浪の牧師、幼少期を過ごした孤児院の維持のため、暗殺業で稼いだ金を仕送りする健気な一面もあるが、その正体は凄腕の冷酷な暗殺者、パニッシャーという巨大な十字架型の武器を愛用する。

 

https://pbs.twimg.com/media/DYf6Y7yVAAAwjpL.jpg

  (出典:『トライガン』)

  

まとめ

『トライガン』を紹介しました。

派手なガンアクションだけじゃなく、「笑顔の平和主義ガンマン」という初期設定をひたすら掘り下げ抜いた、筋の通った骨太の作品
ヴァッシュが秘める決意と過去と覚悟を描く最高の名作である。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain