巨人軍マンセー

20代で薄毛を認めるまでの葛藤を描いたエッセイ『僕は髪の毛が少ない』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61gAgO%2BOKaL._SY346_.jpg

 

新井キヒロのエッセイ漫画、著者の悩み、悪あがき、そして決意。

20代の男がいかにしてはげていくか、がめちゃリアルに描かれてて。スキンヘッドを決意する直前の、髪薄いけどまだ望みを捨てきれない状態の頭が、リアルすぎる描写、薄毛に悩んでいるか、薄毛になると思っている若い人は参考になるはず

 

f:id:ryocuu:20180401133438p:plain

  (出典:『僕は髪の毛が少ない』)

 

20代から髪の毛が少なくなった作者のエッセイ

作者の新井さんは薄毛が気になり仕事を転々とし、引きこもりになるなど辛い過去を経験しています。

 

f:id:ryocuu:20180401134530p:plain

  (出典:『僕は髪の毛が少ない』)

 

ハゲてる偉人たちの紹介から、髪が薄くなるのを受けいれられず、迷走し、性格も暗くなり仕事も転々とした果てに…

 

ありのままを受け入れて前向きに行動すること

この本で新井さんは薄毛の対処法としてスキンヘッドを推奨し、スキンヘッドで生活する心構えが描かれています。

 

f:id:ryocuu:20180401134004p:plain

  (出典:『僕は髪の毛が少ない』)

 

薄毛を隠し通すという自らに自信をもてない人生よりも、ツルッパゲにしてして、ハゲを気にせず自分をマイナスに、過少評価しない生き方が、どれだけ素晴らしいかを著者の実体験を元に語られている作品。

 

まとめ

全1巻完結作品『僕は髪の毛が少ない』を紹介しました。

ハゲや外見に悩む人だけでなく、自己肯定感や自己価値の低さに悩む人、この作品は、前向きに生きるためのバイブルになっているので、おすすめです。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain