巨人軍マンセー

風呂敷の広げ方と畳み方が漫画史上唯一無二の上手さ『からくりサーカス』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61PSnPl-ZnL._SY300_.jpg

 

人間と殺戮を繰り返す「からくり人形」が絡むアツすぎるバトル漫画

伏線回収の最多記録保持作品ではないかと思われる程、緻密に伏線が張り巡らされた作品。まさにからくり。次々に物語が繋がっていく様子は壮観。

人間の頭の中でこれほどまでに壮大な物語が作られ、それを漫画という手法で表現できる事に感動する。中盤に神がかり的な盛り上が来る、少年漫画の大傑作

 

https://pbs.twimg.com/media/DZChyK8U0AAyNLs.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

様々な因果を巡って語られるストーリー

「相手を笑わせないと死んでしまう」奇病ゾナハ病を患った」男が、「父親の遺産160億を一人で受け取らされた為命を狙われる事になった」少年と「その少年を命がけで守る」謎の美少女と出会って巻き込まれる胸熱バトル漫画

 

https://pbs.twimg.com/media/DYM800BVAAArbXD.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DX2iNaFUQAAwQtm.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

壮大な物語、完璧な伏線回収、世界観

登場人物はちゃめちゃに多いし時系列とか伏線とか入り乱れてるんだけど、無駄な話も、無駄なキャラもいなくて、敵味方問わずサブキャラ達の描写をしっかり描ききってるし、「圧倒的な絶望」と、怒涛のラストで迎える「最上級の幸福」を堪能できる名作

 

f:id:ryocuu:20180329171750j:plain

 (出典:『からくりサーカス』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DNArtdzVwAAG0tv.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

サブキャラ一つとっても死に様の描写が見事

個人的に好きなのがそれぞれのキャラの死に方で、精一杯生きた上でカッコよく死ぬ。登場人物が皆筋が通っている。敵味方関係無く、全員が筋を通して戦い、生き、笑う。登場人物の感情に無駄が無い

「死にかけていた仲間がなんだかんだ助かる」といったような漫画的な、主人公補正、ご都合主義ではなく、厳しい現実が叩きつけられる展開も惹きつけられる。

 

https://pbs.twimg.com/media/DYg3wSxX4AELGjY.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DYUp9nsV4AA1KhL.jpg

 (出典:『からくりサーカス』)

 

からくりサーカスアニメ化おめでとう

アニメ化は嬉しいけど原作が長過ぎるので、全部原作通りにするとなると1話1巻でやっても4クールは必要 、同原作者作品「うしおととら」という前例からみて、尺的にどこかカットするは、ほぼ間違いないんだろうなあ…

 

 

3クール36話……。43巻ある原作を36話にするのはどこをカットするかとう問題ではなく、別物に作り直さないと成り立たないのかなぁ…

 

まとめ

『からくりサーカス』を紹介しました。

全43巻あるので、アニメ化を期に原作を読むなら、とりあえず3巻まで読んで、出来たら7巻まで進んで、あとはなし崩し的に全部読めるはず

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain