巨人軍マンセー

少年漫画の理想形!バトル漫画の最高傑作『うしおととら』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51LcIs01z8L.jpg

 

うしおととら:獣の槍の継承者「うしお」が獣の槍に封じられていた伝説の妖怪「とら」とともに最強最悪の妖怪「白面の者」を倒す物語。

長い連載なのに物語冒頭から伏線の張り方が緻密かつしっかりしてて、妖怪の迫力が凄まじい。衾の気持ち悪さは絶品。獣の槍の設定は秀逸、デザインもかっこよく、武器を剣ではなく槍にしたセンスが好き。

 

https://pbs.twimg.com/media/DYQG8jTVwAAMt8P.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

槍を手に入れた少年と、槍によって封印されていた大妖怪

人間&人外のコンビ。喧嘩をしつつも、旅をしながら信頼と絆を厚くしていく過程が面白く、普段は正統派な明るい正義主人公なのに槍を持って戦うと、悪役の様な形相になり自我を失い暴走する時さえある

 

https://pbs.twimg.com/media/DX7P1xdV4AAs2Nt.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

妻と娘を妖怪に殺され復讐のために生きる鏢さん

愛すべき妻子も何者かに食い殺されてしまった。それから復讐のために仇を追い続け、地獄の様な復讐の日々へと変わっていった。彼の復讐劇の最後は泣ける。

 

https://pbs.twimg.com/media/DVcBvVqVAAEhgFD.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DXcWp8fU0AAzmrU.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

完璧な少年漫画の傑作

少年漫画の最高傑作だと思う。ダラダラ続かないし、目的も明確。熱い友情と宿縁が交錯して、最高かつ最良のプロットを展開。絵が荒いと敬遠するひともいるけど一度は読んでほしい傑作

 

https://pbs.twimg.com/media/DYSLjLYU8AElyLR.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DYK2_yfVoAArHwM.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

ラスボスとの最終決戦に全てが収束していくストーリー

ラスボスがとにかくただひたすら恐ろしい存在……それを倒すのに30巻以上費やし、それぞれの思いとか生き方とかストーリーがあって、最後に全部繋がって、最終的に皆んなの力を借りて脅威を撃退するっていう作品

 

https://pbs.twimg.com/media/DXacCmIVwAA6ybW.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DXacCmKU8AA_-Lf.jpg

 (出典:『うしおととら』)

 

ラスボスの白面は、恐怖や憎悪といった負の側面の塊〝九尾の化け物〟白面との戦い以上に盛り上がるラストバトルなんて、日本の漫画界を見回しても殆どない

 

まとめ

『うしおととら』を紹介しました。

永遠のナンバーワン漫画。好きなものが全部詰まってる、何回読んでも面白い。何年経っても色あせない名作オブ名作少年漫画、知らない人には是非読んで欲しい。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain