巨人軍マンセー

ryocuu

超絶画力で描かれる、忍者を狩る侍の復讐『しのびがたき』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/515cweoucOL._SX166_SY265_.jpg

 

一族を殺された侍が、仇である異能の忍者に復讐する物語。

週刊掲載とは思えない書き込みの作画。線が多い作画のドチャクソアクションが好きな人は読んでほしい、80年代のジャンプを彷彿させるような、お約束のシーン満載のド派手な作品

 

https://pbs.twimg.com/media/DIkkfxoUMAAUmXP.jpg

 (出典:『しのびがたき』)

 

忍者に全てを奪われ、復讐者としての道を選んだ侍

敵として忍者が複数出てきますが、ステレオタイプの「忍びの術」ぽさはあまり感じられない。

人ならざる忍者とそれを狩り尽くそうとする復讐鬼の侍…美人でボインの情報屋…個性的なキャラと、超画力で描かれるシリアスバトルとその中に散りばめられた〝ユルイ〟やりとりが心地良い

 

https://pbs.twimg.com/media/CqxkHvaXYAAmv6I.jpg

 (出典:『しのびがたき』)

 

https://pbs.twimg.com/media/DKS7a_iU8AA4aMG.jpg

 (出典:『しのびがたき』)

 

動きを感じる超絶作画

f:id:ryocuu:20180326212259j:plain

 (出典:『しのびがたき』)

 

f:id:ryocuu:20180326214107j:plain

 (出典:『しのびがたき』)

 

f:id:ryocuu:20180326215322j:plain

 (出典:『しのびがたき』)

 

 なんとなく噛み合ってなかった1巻からどんどん面白くなっていく、「侍」vs「忍者」のバトルも激化、各キャラの掘り下げも相まって巻を追うごとに、続きを読みたくなる。

 

まとめ

『しのびがたき』を紹介しました。

全5巻で完結しており、欲言えばもうちょい長く読みたかったけど、とにかく超絶画力でカッコよい見栄の良い作品なので、おすすめします。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain