巨人軍マンセー

全10巻!読み応えのある深い作品『君のナイフ』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41NXkup176L.jpg

 

「一回人を殺して500万もらえるとしたらどうする?」こんな誘いで、優しくて人望ある教員の主人公が、病気の姉を救うために人殺しを請け負う、しかし優しさ故に、『罪』にどんどん追い詰められていく…

重いテーマを扱いながら、作品の雰囲気の良さ、緊迫感を崩さず、決して重苦しい雰囲気に終始しないことろも魅力。

 

f:id:ryocuu:20180324130901p:plain

(出典:『君のナイフ』)

 

大切な人のために悪事に手を伸ばし、その手を血で染める

善良な先生が、殺人を始めた時点で、殺し合いの螺旋に組み込まれてしまう…ひたすら悲しい物語

主人公の根がお人好しな為に、人を殺すのにかなり葛藤する場面が見てて苦しいんだけど、それによって救われる命もあるという…

殺人鬼を描いていながら、全く憎まないどころか、幸せを願う気持ちすら抱いてしまう不思議な作品。

 

f:id:ryocuu:20180324132623p:plain

(出典:『君のナイフ』)

 

殺人という裏での失敗や問題が巻数を追うごとに、表の日常をどんどん蝕んでいく過程がスリル満点で止まらなくなる

 

考察の余地のあるとても辛いラスト

大切な人のために悪事に手を伸ばし、その手を血で染める、内容的に報われないものだし、悲劇的なラストが想像できる作品だった…

完全な完結ではなく、勧善懲悪ではなく、綺麗ごとでもなく、メッセージ性を求めているわけでもなく、後を想像させるラストとなっている。

 

f:id:ryocuu:20180324134348p:plain

(出典:『君のナイフ』)

 

まとめ 

『君のナイフ』を紹介しました。

台詞の意味、キャラの心情、等を読み取り、推測したり考えながら作品をじっくり読む事が好きな方にはかなりお勧め出来ます。

漫画ならeBookJapan

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain