巨人軍マンセー

『闇金ウシジマくん』作者真鍋昌平のデビュー作『SMUGGLER』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51MHzzFa5mL.jpg

 

死体の運送屋の一巻で完結する物語

「日給5万円」という条件に惹かれ、危険な運び屋の仕事に就いた青年・砧涼介を主人公とする、『闇金ウシジマくん』作者眞鍋章介のデビュー作

 

f:id:ryocuu:20180321084750p:plain

  (出典:『SMUGGLER』)

 

危険な運び屋の仕事に就いた青年の物語

ヤクザさんや殺し屋さんが出て暴れまくる世界観の中で,殺し屋の「背骨」と「内臓」、その二人の処分した人間を運ぶ「運び屋」 になった普通の青年が,覚悟一つで成長していくお話。

 

f:id:ryocuu:20180321090737p:plain

  (出典:『SMUGGLER』)

 

真鍋昌平の連載デビュー作

結構エグい描写があり苦手な人は注意が必要、暴走気味なデビュー当時の勢いが似合っており、眞鍋章介さんほど「眼」で恐怖を伝えられる作家はいないと思う

 

f:id:ryocuu:20180321085003p:plain

  (出典:『SMUGGLER』)

 

殺し屋二人の思いやり、とか、無情に死体処理してしそうで実は情が深かったり、とか全1巻で真鍋昌平節が炸裂している。

 

まとめ

人によっては拒絶するような絵と内容ですが、社会で行き場所を失ってしまった人間を書くのが物凄く上手くて、後にウシジマくんで発揮されている作者の魅力へとなっている作品だと思います。

真鍋昌平さんのルーツを探るという点で、価値がある漫画だと思います。

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

 

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴