巨人軍マンセー

ryocuu

政府に雇われてる対マフィア専門の処刑執行人『Red Raven』感想と見所紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lPRfK-FnL._SY300_.jpg

 

マフィアと政府みたいな関係性大好きな人にはほんとおすすめ。

イタリアンマフィアを相手どる、政府に雇われてる処刑執行人の話。

処刑器具をモチーフにしたキャラクターと、メリハリのある絵柄がドツボにハマル、血と銃と人体実験と仲間が絡むダークファンタジー

 

https://pbs.twimg.com/media/BEoESMoCIAE6SZP.jpg

 (出典:『Red Raven』)

 

「Red Raven」は赤い鴉の意

マフィアが地方を取り仕切っていた時代、政府が行き過ぎた「力」を調整するために置いた強制裁判所の呼び名です。メンバー達は判定書に従い無慈悲に刑を執行していき、その姿はさながら「歩く処刑器具」…。

マフィアが地方を取り仕切っていた時代、政府が行き過ぎた「力」を調整するために置いた強制裁判所の呼び名、執行人、カラスと呼ばれる人達は真っ赤なコートで番号が割り振られている

 

f:id:ryocuu:20180315224248p:plain

 (出典:『Red Raven』)

 

主人公の武器はギロチン

前髪パッツンで眼帯 低身長、あらゆる武器を見通す目を持つ、そしてギロチンの刃を振り回して戦う、彼には重い過去があり、行き過ぎた悪を制裁する執行人、通り名が「4番目の執行人・片目の首狩屋」 

 

f:id:ryocuu:20180315224115p:plain

 (出典:『Red Raven』)

 

f:id:ryocuu:20180315224846p:plain

 (出典:『Red Raven』)

 

処刑器具と拷問器具、銃を知りたいと思い始める

むちゃくちゃキャラクターがカッコよくて人間味があって…それぞれが持つ武器が個性的、舞台設定もキャラクターも特殊能力を駆使した戦闘も、中二心のくすぐり方が半端じゃない

 

https://pbs.twimg.com/media/C5auNtIUoAApKoh.jpg

 (出典:『Red Raven』)

 

f:id:ryocuu:20180315225747p:plain

 (出典:『Red Raven』)

 

まとめ 

『Red Raven』を紹介しました。

政府の秘密機関、殺し屋、マフィア、人体改造、武器商人…とにかく私の好きなきな臭い物が詰め込まれてる。絵柄はシンプルだけど構図と見せ方が最高。ピンときた方は是非読んでみてください。

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

 

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴