巨人軍マンセー

死亡予定日が告知されるようになった時代。余命10日の間の人間ドラマ『死にたいボクと生きるキミ』あらすじと見所紹介。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51C0ef%2BPqrL.jpg

 

医療技術が発達し、生後すぐに「死亡予定日」が告知され、人々はその予定日の前後一週間の差異無く寿命を迎えている…という時代設定の漫画

基本はゆるいギャグ短編なのにじわりじわりとくる…コメディなのに切なく、ほんのり悲しい話が好きな人におすすめ。

 

https://pbs.twimg.com/media/ClUsns1WIAEL8RW.jpg

 (出典:『死にたいボクと生きるキミ』)

 

生後すぐに死亡予定日が告知される時代

誰もが自分の寿命を知る時代。
そんな人々の”最後の10日”を切り取った、少し笑えて、結構泣けるシリアスコメディ。

 

https://pbs.twimg.com/media/CnvLK9YXEAENmHZ.jpg

 (出典:『死にたいボクと生きるキミ』)

 

死に際にはそれぞれのドラマが。それぞれのキャラがどう感じどう生きるのか描かれています。

 

https://pbs.twimg.com/media/CqO2vroW8AAVwhT.jpg

 (出典:『死にたいボクと生きるキミ』)

 

基本的には、ギャグタッチで笑えるのにテーマがテーマだからめちゃくちゃ考えさせられる

それなりにありがちなテーマだが、学園日常コメディ感すらある軽妙なテンポ

ゆるくてシュールで笑えるのに、最後胸が締め付けられる切なさが、たまらない作品

 

https://pbs.twimg.com/media/CnvLK8WWEAALzRO.jpg

 (出典:『死にたいボクと生きるキミ』)

漫画記事エントリー

 

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴