巨人軍マンセー

ソ連を舞台に過酷な運命に抗う男女の物語『春風のスネグラチカ』あらすじと見所紹介。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/5135Ytv8heL.jpg

 

革命直後の息苦しさと主人公達の優美さがミックスされてて、とても良い世界観

手に入れたいものの為に、身体を売ってでも、希望に手を伸ばそうとする車椅子の主人公、物言わぬ従者、互いの他に信じるものなどない二人。

とある名家にまつわる、大人の都合で人生を振り回された少年と、少女が、スターリン時代のソ連に舞い戻って自分の人生を取り戻す。

喪失と奪還の物語。

 

https://pbs.twimg.com/media/DMMLOcJVwAERRRf.jpg

 (出典:『春風のスネグラチカ』)

 

成立から10年後くらいのロシアが舞台

車椅子の少女と、寡黙な青年従者が、ある目的のためにソ連が管理するロマノフ朝下の貴族の別邸に住むこととなる。

主人公2人がとても非力なんですが、互いを護る姿がとておも美しい。

 

https://pbs.twimg.com/media/DECzUYrUIAANYU8.jpg

 (出典:『春風のスネグラチカ』)

 

車椅子生活のヒロインのビエールカ

元貴族の別荘に執着する気位が高い車椅子の少女ビエールカ

肉体と精神の欠損がもたらす共依存関係と閉塞感を贅沢に味わえる

 

https://pbs.twimg.com/media/CMDm9GTUwAACHYK.jpg

 (出典:『春風のスネグラチカ』)

 

女の脚として生きる無口な隻眼の従者

彼女を『姉』と呼び甲斐甲斐しく世話をする隻眼の青年

基本お嬢様に付き従う寡黙だけど、スイッチ入ったらお嬢様守るためには手段選ばない系ロン毛イケメン

 

f:id:ryocuu:20180224003744p:plain

 (出典:『春風のスネグラチカ』)

 

二人を通してソ連に関する秘密を描く

革命後ロシアの史実に絡めた秘密

重厚で陰鬱なトーンだけどラストはさわやか。

伏線が繋がっていて壮大なオチへと向かって行く後半の怒濤の展開が気持ち良い

 

f:id:ryocuu:20180224004518p:plain

 (出典:『春風のスネグラチカ』)

 

まとめ

「主従、姉弟、義足、隻眼、車椅子」これらの単語のどれか一つでも反応したら、1巻完結作品だけど物凄い読みごたえなので、おすすめです。

 

漫画記事エントリー

 

漫画ならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴