巨人軍マンセー

おすすめヤクザ/ギャング漫画、殺し屋&復讐代行など最新のものまで厳選紹介

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61rk9xPEczL.jpg

ヤクザや殺し屋を主人公にした漫画は、重要な位置を占めています。戦後から今日に至るまで、様々なタイプの作品が描かれ、人気を博してきましたが、その中からおすすめの作品を選び、ご紹介します。

 

主人公がマフィアのドンを目指す『家庭教師ヒットマンREBORN』

ヒットマン(殺し屋)を名乗るリボーンという名の赤ん坊。リボーンの目的はただ一つ、ツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること。

初めて見た時は放送していたころなので、もうほぼ内容覚えてなかったんですが。やはり気になって見返してみると面白さに感嘆します。

8巻辺りから急激に面白い。この漫画が本当に面白くなるのはツナが開花してからだった。

 

甲斐谷忍先生の打ち切り漫画 『翠山ポリスギャング』

片やヤクザ、片や新人刑事と赴任してきた双子、遠山金之助と銀之助が同一人物と勘違いされ思惑とは裏腹に事件解決に協力する物語。

わずか2巻の打ち切りになり待遇に不満を持った甲斐谷は当時の業績からしては異例のジャンプ専属契約を解消した、そのきっかけになった作品。

翠山ポリスギャングといい、明らかに掲載誌間違えたと思う。ビジネスジャンプなど青年誌に行ってほんと良かった。

 

ギャング達が繰り広げるガンアクション作品『BLACK LAGOON』

裏社会で繰り広げられるハードボイルドアクション漫画、日本人の主人公が仕事の途中に外国の殺し屋に拘束されてしまい、色々あって主人公がその一員になり一緒に戦う作品

銃と血と尻と胸と金と死に溢れたガンアクション系の漫画。物理的に下品で、強い女が大勢出て来る、戦闘シーンは頭空っぽにして見れるので爽快。

 

伝説の殺し屋を一年休業する佐藤くんの物語『ザ・ファブル』

殺しの天才ファブルと呼ばれる殺し屋が身を潜めるために「誰も殺すな」と命令され、一般人になりきるために大阪に引っ越す。が、次々トラブルに巻き込まれる、日常系漫画

シリアスな世界なのにどこかギャグっぽく感じる世界観が面白い。

 

マフィアと傭兵ギルドが支配する街で汚れ仕事を請け負う「便利屋」の物語『GANGSTA』

マフィアにチンピラに売春婦に汚職警官が巣食う悪党だらけの街・エルガストルム。

そんな最悪の犯罪都市で、誰も関わり合いたくない汚れ仕事を引き受ける便利屋を営むニックとウォリック。

身体能力上げる代わりに何かしら身体欠損とか目が見えないとかの障害と短命な薬中みたいな人たちと健常者が争って死体ゴロゴロしたりする漫画です。

 

スリの才能を持つ高校生が主人公『戦線スパイクヒルズ』

スリが得意な主人公が仲間と協力してヤクザから難関大学の入試問題を盗み出そうとする青春スリ活劇。サブタイトルが全部ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニョンズの曲名。全7巻。一読の価値がある作品。

 

平凡なサラリーマンが凄腕殺し屋の名を襲名『今日からヒットマン』

営業マンの主人公が伝説の殺し屋と入れ替わって、営業トークや口八丁、営業マンの心得とかで殺し屋の世界を渡っていく漫画

サラリーマンと殺し屋の2足のわらじって設定とか一般人故の発想で窮地を切り抜けたりとか斬新で面白い

 

腐敗した政治を表と裏から変える『サンクチュアリ』

ポル・ポト政権下の地獄のカンボジアで幼少期を過ごした主人公北条と浅見が、それぞれ暴力団と政治家という表と裏の世界から、日本の腐敗した政治体制を変革し、日本を変えようとする痛快ストーリー漫画。
 

ヤンキーが渋谷を舞台にひたすら喧嘩しあう『サムライソルジャー』

伝説の不良集団の一員だった矢沢だが今は安定した日々を暮らしていた。しかし、地元の不良が他のヤンキーに舐められてる事を知り動き出す
「渋谷ギャングスター抗争一大叙事詩」というキャッチフレーズの不良漫画、と思わせて超人オリンピック。
各キャラが立っている群像劇、伝説の不良が本当に凄くて走行中の電車のフロントガラスを蹴りで叩き割って後ろのドアから普通に出て来たりする。
 

真鍋昌平の初期作品『SMUGGLER』

「闇金ウシジマくん」で知られる漫画家・真鍋昌平の初期作品

借金の返済のために高利貸しから紹介されたバイトは、「運送屋」。運ぶのは死体や法律に触れるもの。役者志望のフリーター・砧涼介が踏み込んでしまった世界は、たった一度のミスすら命に係わる死と隣り合わせの世界だった。

フリーター・砧(きぬた)は多額の借金返済のため、高利貸しから斡旋された高額アルバイトに身を投じる。紹介されたバイトは「運送屋」運ぶのは死体や法律に触れるもの。という物語

 

電車とかでは読めない謎なギャグセンス『ヒナまつり』

ある極道の男の所に突如現れた超能力少女が、一緒に暮らしながら日常を彼等なりに、過ごしていく、ギャグ漫画なのに

ボロボロ泣かされた回もあり、ヤクザや超能力といった破天荒な世界観ながら日常モノをやるというギャップもまたいい味を出しており、わき役含めて登場人物に感情移入してしまう作品 

 

キャラが縦横無尽に駆け回るほんわかギャグ『殺し屋さん』

狙った獲物は必ず殺し、狙わなくとも笑いを誘う、やがておかしきヒットマン。

殺し屋が主人公の下ネタ全開のギャグ漫画、作画の方が本来エロ系描いてるので、ときどきあるサービスシーンの質が半端ない。

 

胸糞スカッとギャグ漫画『怨み屋本舗』

怨みをもつ人間に代わり、依頼を受けて金銭と引き換えに復讐を代行する者のこと。

怨み屋が法で裁けない悪を捌いていく漫画。報酬は高い。絵の構図がシュール。そしてあっけなく死んだりする。

ただ怨みを晴らすだけでなく、依頼人にも悪がある場合は両成敗する所も清々しい。ただ後味は良く無いし、読むの疲れるかな。 

 

不良債権者を容赦なく追い込む『闇金ウシジマくん』

山田孝之さん主演の実写版は最高ですが、活字で読むリアルな闇金ワールドも、なかなかどうして刺激的。

実写ドラマを見てからハマる。うさぎを飼ってるからイイ奴なのでは?と思ったこともあったけど撤回。ヤバい奴。金を貸してる人の相談は乗るからイイ奴?と思ったけど撤回。金を回収するためなら頑張る人。

実写は山田孝之の演技力にもってかれる。

 

 歌舞伎町のスカウトマンたちの熱い戦い『新宿スワン』

野心はあるが純粋な心根を持つ青年が新宿歌舞伎町で暗躍するスカウトマンを志す任侠物。

綾野剛が実写で、ジャンルとしては喧嘩漫画っぽいけど、喧嘩描写以外のシーンにも魅力が詰まり過ぎてて困ります。キャラ・設定・ストーリーと、どれも最高なのである。

 

アウトローと警察組織の両輪で活躍する主人公『土竜の唄』

主人公が変態でアホだけど「強靭な正義」のみで潜入捜査官としてヤクザ道を進んでいく

原作のいい具合のアホさがうまく実写化された秀作だ。

原作を読むと、実写版のキャストめっちゃ似てることに気付くと思う、主人公の生田斗真もだけど、遠藤憲一とか堤真一とか。特に堤真一のクレイジーパピヨンのハマり方が半端ない。

 

処刑器具を持つ執行人達の物語!武器はギロチン『Red Raven』

主人公アンディは政府の死刑執行人(15歳)。有力マフィアの元で幼い身体を弄られ、逃げ出した後に復讐を誓う、処刑器具をモチーフにしたキャラクターと、メリハリのある絵柄がドツボにハマル

政府の裏の組織が違法武器の流出止めるのに処刑したり、ある人はそれを復讐とかそんな漫画。

 

脱出不可能の刑務所「極楽島」からの脱獄できるか『囚人リク』

警察官を殺したと冤罪をかけたれた主人公リクは、脱出不可能とされる監獄に入れられ囚人達と戦って分かち合い一緒に脱獄しようとする男の熱い話

要するに、北斗の拳みたいなヒャッハーが蔓延るスラム街で、冤罪で刑務所に囚われた少年リクの脱獄バトル漫画 。

 

心理学を使って標的を自滅させる殺し屋のお話『不能犯』

数々の変死事件現場にあらわれる謎の男・宇相吹正。しかし、誰も彼の犯行を証明することができない。人は彼を、犯罪を実証することができない容疑者「不能犯」と呼ぶ…

警察が実証できない方法で殺人をする殺し屋の話です。

依頼人の憎悪や嫉妬、エゴイズムなど歪んだ感情がすごくよく描かれていて、読むのしんどいんだけど続きが気になる

 

若頭と組長が小学生と赤ん坊に憑依『仁義なき吉田家』

ヤクザの組長と若頭が、交通事故で赤ん坊と小学生の男の子の体に魂入っちゃう物語。

小学生の吉田守として、新たな人生を歩み出したヤクザの若頭・鬼島。持ち前の任侠魂で、校内の問題など様々なトラブルに立ち向かっていく。

 

2匹の復讐鬼が巨悪を追う『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』

孤児院で出会ったイクオと竜哉は、15年前に起きた殺害事件をきっかけに、「警察」と「ヤクザ」になり警察への復讐を果たす。

腐敗に負けず「正しさ」を求む彼らは、ウロボロスのように決して交わらないが戻ってくる2匹の龍。登場人物が魅力的な王道群像劇

 

ヤクザと変人のグロ漫画『殺し屋・イチ』

元いじめられっ子の殺し屋・イチが新宿のヤクザを一掃するハードコア作品。異常性愛を主軸とした話作りが面白い

ウシジマくんや殺し屋イチが面白いのはやっぱこう人間の本質たる悪意があるからだと思われる

 

高橋ツトムの3巻で完結漫画『残響』

ある日「500万渡すから、自分を殺してくれ」という依頼を受ける。
躊躇する主人公だったが、瀬川から、智の中に巣喰う狂気を見抜かれ、彼自身の心にも変化があらわれはじめ…!?

息苦しいくらい閉じ切った世界。こんな閉じた世の中で人生を変えるのには一線を越えるしかない。始まった瞬間からハッピーエンドなど一切感じ取れない。いびつな「家族」たちの断絶/継承が、物語内で丁寧に描かれる

全体に漂う無常感、自分でもどうにも出来ない情動に突き動かされて生きる様が人間らしくて鮮烈で素敵な作品。

 

女子高生の殺し屋!高橋慶太郎のデビュー作『オーディナリィ±』

女子高生・的場伊万里の往く道には、賞賛もない、感傷もない、憂いもない。あるのは殺人機械としての技能、そして控えめな生への渇望…

暗殺者として鍛え上げられた少女が悪のはびこる学校の秩序を守るために自ら手を汚す物語、暗殺者として教育された主人公の活躍、葛藤を描いた作品。

 

ヘナチョコオタクが電気とシンクロ『HIKARI―MAN』

並み外れた『電気感受性』を持っている主人公、そんな彼が自宅のPCでいつもの格闘ゲームに興じていると、自分の体内から意識と血流だけがPCに吸い込まれ、電気の通っている所を自由自在に行き来する…

驚異の現象が起きる…!

もともと帯電体質の少年が首の後ろに電極刺さって感電したら電気人間になり、現実世界のうっぷんを晴らして行く。というB級感漂う発送が面白い。

物語の導入部で、デジタルに変換された人々の感情がSNSで拡散される様子などを描写したり、作者特有のイカれた世界観は健在だ

 

ストーリー物としては稀有な名作!108巻で完結『静かなるドン』

関東最大の暴力団・新鮮組の総長が射殺された。跡目を継いだのは息子の静也。しかし彼の本業は、ランジェリー会社「プリティ」のデザイナーだったのだ。かくして、昼はしがないサラリーマン、夜はヤクザの大親分という、奇妙な生活が始まった

主人公が会社員と極道の「二足の草鞋」で生活してる、いわゆる極道ギャグ漫画、ゆるキャラの如き主人公のデフォルメ具合と子分達。

そのギャップと主人公に振り回される子分達のドタバタ劇がたまらなく面白い。

 

現代の893の世界が分かる『破道の門』

藤沢ケンジ、17歳。北海道に生まれ、極道になることを夢見る。ある組長はケンジに言う。「この男からヤクザのすべてを学べ。極道の天才と言われる男だ」その男の名は四代目極門組・九条英治。

 

親を暴力団に殺された若者2人がヤクザ狩りを始める『極道つぶし』

「ヤクザ同士の勝手な都合で大事な人を失った二人がたった二人でヤクザに復讐の戦いを挑む」といった物語。

復讐劇なんですが、悪が倒される爽快感とは全く無縁のタッチで進んでいきます。当然ですが、暴力描写も多めで死人も出ます。

復讐の相手にだって大切に思われてた人はいて復讐の連鎖は終わらないし結局は自分のやったことは…

 

友情・夢・スリル・サスペンスの要素を盛り込んだ傑作『ビリオンドッグズ』

生徒会長・水沼一縷と副会長の火野叫助。二人の高校生がタッグを組んで動きだす! 狙うのは政治家とヤクザが貯めこんだ30億円!

『猿ロック』の芹沢直樹×『神さまの言うとおり』の金城宗幸が描く、超本格派のマネーゲーム

高校生を主人公にした「アクティブ」かつ「スリリング」な「クライムサスペンス」次々と謎が解けて行く高揚感と、個性的な登場人物によるシリアスとギャグのメリハリの利いたやりとりが面白い。

 

舞伎町の質屋である天才鑑定士が真実を鑑定する『新宿セブン』

新宿歌舞伎町ーー。東洋一の歓楽街で、一際異彩を放つ男がいた。ヤクザでも愚連隊でも、社長でもない一般人。だが誰もが一目置く男・七瀬…男の職業は「質屋」

新宿・歌舞伎町の質屋を舞台に、アウトローな天才鑑定士が真実を鑑定する。「物」の真贋を見極め、依頼人からの悩みや事件を解決するヒューマンミステリードラマ

 

歌舞伎町を舞台にしたハードボイルドアクション『Heat―灼熱』

新宿歌舞伎町に突然現れた男、唐沢辰巳。

わずか2日でホストクラブを乗っ取り、警察や暴力団、そして外国マフィアをも相手に立ち向かう唐沢は、次第に周りの人々を惹きつけて行く。

歌舞伎町でホストクラブを経営している新宿に突如現れた男「唐沢」が、場所柄様々な人間が蠢く中、台湾のマフィアや関西の極道に立ち向かっていき、圧倒的な暴力でドンドン手中に収めていくというお話。

 

圧倒的画力で描く!韓国が舞台のアウトロー漫画の新境地!『サンケンロック』

喧嘩ばかりする青年・北野堅が吉沢祐美に恋をして彼女を追いかけて韓国へ行くが、韓国でスカウトされギャングのボスとなりギャング生活をするようになるバトルアクション

舞台が韓国という他の漫画には、あまりない設定だけに新鮮味を感じ、何より「画力と戦闘シーンの構図」が、バトル漫画の中でも結構高い方で、あとシンプルに話が面白い

 

犯罪者への復讐を代行するバイオレンス傑作漫画『外道の歌』

被害者に代わって加害者へ私刑を与える二人の復讐屋の話。法で裁ききれない犯罪者に私刑を加える作品は、かなり読んでいるけれど、まだこんな魅せ方があるのか!と目をみはる。

暴力表現ばりばりな割に嫌味を感じない、処刑シーンを見て、あーまたとりあえずグロくて猟奇系の漫画かと思ったが、二人の復讐屋の過去を知ると、人間臭さと苦悩、亡くした大切な人への罪悪感が切ない。

 

「黒田組」の四代目として生まれ育った山口久美子『ごくせん』

実写ドラマが有名な作品ですが、漫画と実写では、割と別物、漫画は生徒の親とか出てくるし、ヤクザ話も時々ある。単なる「組長の娘」じゃなくて、「ヤクザと教師の二足のわらじ」という作り

慎がヤンクミに素直に惚れていくのが好きで、改めてみると年の差、生徒→教師、身分違いという属性で、すごい王道展開。

 

500万受け取って悪人を殺すか、知らなかったことにするか。さあ、今すぐ決断を。『君のナイフ』

2009年-2010年ごろの東京都が舞台となる。一般人として本業を持つ人々が影で殺し屋を兼業するという物語。著者はジャンルを「ファンタジック殺し屋ストーリー」と称している

「一回人を殺して500万もらえるとしたらどうする?」こんな誘いで、高校の臨時教師をしていた主人公・志貴雪鷹は犯罪者専門の殺し屋になります。

最初の殺人現場に居合わせた少女も父親が殺されたにも関わらず
犯人に感謝したりと・・・彼女もまたミステリアス

重いテーマを扱いながら、決して重苦しい雰囲気に終始しないことろも魅力。

 

(大学バレー+殺し屋)『殺し屋サムのバレーボール』

主人公の命を狙う殺し屋。でも記憶喪失になって、主人公になんやかんや上手い事のせられて、バレーボール部員として活躍するっていう、一巻読み切りのコメディ漫画

 

ークヒーロー的な爽快な拷問で胸糞事案を処理する『シマウマ』

俺は知らなかった……この世の中には奴隷や家畜……それ以下の世界がある事を……。

肉には肉を。受けたキズを顧客が満足するまでヤリ返す生業「回収屋」拷問で骨肉割ける音に興奮するヤバイ奴ら

非合法に復讐する組織を描いた作品。拷問シーンが殺し屋イチ風でなかなかエグい。

 

日本で一番有名なスナイパー『ゴルゴ13』

英国諜報部は大戦末期に莫大な偽札を隠匿した元ナチの親衛隊長を消すためにゴルゴを雇った。

大人の男性なら一度は手に取ったことがあるはずだ。デューク東郷は一匹おおかみの超A級スナイパー。国際政治の舞台裏で、請け負った仕事を完璧にこなす。

音を立てずに後ろに立たれると、反射的に攻撃をする習慣のあるゴルゴ。もくもくと任務に打ち込むゴルゴ。銃の技術と知略でピンチを切り抜け、任務をこなすのがかっこいい。

 

東大卒インテリと武闘派の友情モノ『JINGI 仁義』

鉄砲玉の仁と元テロリストの義郎が偶然の出会いから意気投合し、敵対するものと戦い続けてヤクザ社会で出世していく。

東大卒のエリート(八崎義郎)がヤクザになって、チンピラ(神林仁)をヤクザの大親分に出世させるまでの物語。

 

マンガを安く読む方法

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

▼イチオシはeBookJapan

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

 

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

コミック・ゲーム・CD・DVD宅配買取

f:id:ryocuu:20171211220632p:plain

本を買い過ぎて断捨離を考えている方や、進級や進学でいらなくなった参考書を整理したい方、また、レアな絶版本等を探している方にもおすすめです。

ガムテープが無料でついてくる事・振込手数料を負担してくれる事・

最速2日以内に査定連絡~振込完了である事が強みのサイトです

 

アニメを見るならHulu- 2週間無料お試し

f:id:ryocuu:20171102053051p:plain

HULUでは『犬夜叉』が無料で見放題。見逃しやもう一度見たい人にはうってつけ。また「るろうに剣心」や「デスノート」など過去の名作も見放題。、今なら2週間の無料体験可能。

 

漫画記事エントリー

スポンサーリンク