巨人軍マンセー

傑作なのに恐ろしくマイナーな漫画ドームチルドレンを読んで欲しい。 

 

マイナー漫画『ドームチルドレン』について書きたいと思います。

なんで急にこの記事を書こうと思ったかというと急に思い出したからなんですが、調べてみたら僕と同じように心を鷲掴まられた人が結構いたので、筆を取りました。

マイナー漫画「ドームチルドレン」とは

恐ろしくマイナーなのでしょうが、純粋にいい作品です。

一つ一つの話が上手くまとまっていて、それぞれに伝えたいことが詰まっている、そんな感じでした。一般的な漫画好きが望んでいるのはこういうのじゃないんだろうなと率直に思う。

ドームチルドレンの世界観/ネタバレ含む

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/517i95xNBFL.jpg

地球が核に汚染されてから50年が経過した世界、放射能が広まる前にかろうじて生活補助機能を内包した核シェルター「ドーム」に逃げ込んだ人類の末裔の日常と苦悩、葛藤を描いた作品。

言ってみれば、暴徒のいない北斗の拳みたいな世界設定。

全3巻という事で非常に短く終わってしまっていますが、だからこそ、ダラついたり変に引き伸ばされたりする事がなかったという面もあり、非常な良作として仕上がっています。

ストーリー/あらすじ

1.外界の汚染度が下がったため外に出るも、世界は荒廃したままだった
2.少しずつ外の世界を調査していこう
3.自分たち以外に生き残った人類を見つける
4.通信機が偶然繋がって、遠い場所の生き残りと交信
5.ドームの電池切れそう、ヤバいよヤバイよ
6.交信していた生き残りのいる場所は土壌が豊からしい、皆で行こう
7.年寄り(年長組)はドームに残る。あとは若い世代の仕事…

良作なのに恐ろしくマイナーな理由

マイナーすぎてwikiもないんですよね…

少年ガンガンの姉妹誌……その中でも一番知名度の低かろうガンガンパワードで連載していたという事で、恐ろしくマイナーである。本当に陽の目に当たってほしい作品。

まとめ/感想

エニックス漫画大賞を受賞した一話完結型の方がいろんな想いが凝縮されて勢いがあって鳥肌立つぐらいに大好きでした。あれなんで保存してなかったんだろうといまだに思う

山崎風愛さんって漫画家続けてるのかと思って検索してみたら古い作品しか載ってなかった。この人の作品また読みたいなぁ…

作者の山崎風愛さんについて

山崎風愛さんがどういう作家さんなのか簡単に略歴を見ていきましょう。いつも通りですがwikipedia先輩を参考に編集。

  • 2000年、少年ガンガン第1回新世紀マンガ大賞で、「DOME CHILDREN」が大賞を受賞。
  • ドラゴンクエストが魅せた夢を題材にした読み切り作品「IIIの勇者たち」の掲載を挟んで、大賞受賞作品「ドームチルドレン」の連載を開始。

連載作品

ドームチルドレン(単行本全3巻)
夏期限定トロピカルパフェ事件(単行本全2巻)
"葵" ヒカルが地球にいたころ……( 単行本全3巻 )

読みきり

かみさまのしっぽ
Rainy Land
スタートライン
夏の終わり〜Burnout Syndrome〜
地上の天使たち

 

漫画を読むならeBookJapan

最近のマンガアプリはビッグリするぐらい有名な作品も無料で読めるようになってますので正直暇つぶしには事欠きません。

▼イチオシはeBookJapan

 

f:id:ryocuu:20171211215934p:plain

他サービスと比較してもセールやキャンペーンが充実しており、50%OFFの半額セールや、1巻10円でポイント対象作品を購入で20ポイントバックなど驚異的な安さで販売することも多くあります。

マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴

 

漫画記事エントリー

スポンサーリンク