巨人軍マンセー

MENU

筋肉/筋トレを題材にしたオススメ漫画を紹介!モチベになるよ。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61yyh0e4O2L.jpg

この記事では、ぼくがおすすめする日本が誇る筋肉漫画をご紹介します!筋トレのモチベーションになるような作品をピックアップしたのでお楽しみください。

 

キン肉マンII世

 

筋肉と言えばこれは外せないだろう、いつもは笑えないしょうもない、ギャグ衣装で入場する万太郎が、最終決戦ってのもあるけど、亡き最高の相棒、カオスの想いを継いでリングに入場するため、正装とマスクオン状態、真剣な表情で涙を流しながら入場するのがカッコよかった

 

超兄貴 

 

全体の9割が男の筋肉で構成され、1ページ1ページテンションが高い。男の肉体美をひたすら追求・描写し、一途に「筋肉のみ」でギャグを演出している漫画。
筋肉ネタというのは単純な視覚情報の密度による暴力ではなく、弛みなきニューロンのトレーニングによる計算の芸術性を問うことこそで、筋肉そのものへの愛と、世界への想いを語る哲学に昇華させる営みである。
 

ベルセルク

特に映画がきつかった…作者は一体どんな頭してんだろうか、長編バトル漫画における各キャラの感情的対立の希薄化、ストーリーの無制限な冗長さは、作者の加齢による気質の変化がそのまま投影されているのだろうな。

ベルセルクの全盛期のガッツ並みの筋肉をつけることができたら、俺の人生における目標の一つというか通過点のひとつは到達したことになる。

 

範馬刃牙

 

絵柄で敬遠する人が多いと思うけど、格闘漫画ではトップクラスに面白いと思う。

父親が人工衛星で常に監視されてたり、息子が大統領を拉致監禁して刑務所に入れて欲しいとお願いしたり、とても楽しく読める。筋トレオタクのバイブル的な漫画、文字数が少ないので活字が苦手な人おすすめ。

 

北斗の拳

言わずと知れた世紀末作品。「お前はもう死んでいる」「てめえの血は何色だぁあ!!」等伝説級にアツい台詞を筋骨隆々の男達が躍動感たっぷりに叫ぶ、世紀末コスに身を包んだ筋肉ムキムキマッチョマンの北斗神拳伝承者ケンシロウが敵を消毒していく漫画。

 

ダンベル何キロ持てる? 

基本的なトレーニングの知識や最近の運動生理学の知識をわかりやすく描いてくれてるので、これから体鍛えようって考えてる人におすすめ、多少のギャグとエロスが混合している漫画。

 

ドラゴンボール

僕の歴史は小学生時代に毎日スーパーサイヤ人になるために気を練る修行を部屋でしていた。部屋の電気の紐でシャードーボクシングしたりね、今だったらザーボンくらい片手で倒せる。

 

マッチョグルメ

ボディービルダーが主人公なんだけど、ボディービルについて知らなくても面白く読めるし、何より食べ物や表情の描写がヨダレが勝手に出てきちゃうくらい上手い、ボディビル詳しい訳でも無いし、料理に詳しい訳でもない作者が描く虚無漫画

 

オススメ漫画関連記事

www.ryocuu.com

www.ryocuu.com

 

スポンサーリンク