巨人軍マンセー

売れているAmazon野球本をランキングで紹介

 

f:id:ryocuu:20171014003754j:plain

 

www.ryocuu.com

 

「Amazonランキング」は最も多くほしい物リストに追加された商品。

 ※ランキングは毎日更新されます。

野球本部門ではどんな商品が売れまくったのか、全20位からピックアップして紹介します!

 

1.野球センスの極意 走攻守・バッテリー能力&マルチなセンスの磨き方 

走・攻・守・バッテリーなど各分野のセンスや総合的な野球センスの高め方を紹介。

走塁についても記載されているので、過去本を持っている方が読んでも楽しめると思います。立浪さんの本を初めて読む方の野球センスアップはもちろん、過去本を持っている方もこの本で補う事で、よりセンスアップが期待できます。走塁については、今まで出版になってないのでより興味深く読むことができました。

あらためて走塁の難しさや大切さを気づかせくれる内容になっており、走塁センスも磨けると思います。

 

 

2.いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜

ノンフィクションライターの長谷川晶一が圧倒的な熱量と取材量で書き下ろす。独特のチームカラーの正体を、多数のレジェンドOB、現役選手、首脳陣らの証言で掘り下げた本

 

著者のスワローズ愛を感じられたと共に、インタビューしたスワローズOB、現役選手からのエピソードは知らぬものも多く、面白い。

 

 

3.殴られて野球はうまくなる!?

暴力事件はあとを絶たない。暴力はいまでも野球の身近にある。
ものすごく身近にある。なぜ暴力はなくならないのか?


暴力なしでも、野球がうまく、チームを強くする方法はないのか?

元プロ野球選手、指導者、元高校球児など、関係者の証言から、
「野球と暴力」、日本野球界最大の問題について考察した本

 

1〜5章には、チームの強化と表裏で存在した暴力が直球で描かれる。最もえげつない暴力の証言者は仮名で、谷津五郎(仮名)、水原元気(仮名)、高杉和也(仮名)、土井垣将人(仮名)、新田昭雄(仮名)。このネーミングと、どの高校・選手の話か分かるかどうかで、読者の野球知識レベルが測られてる気も。

殴られるのが当たり前だった野球界も少しずつ良くなっている、という気配もあって目を背けずに読み進めると、6章・7章・おわりに、で前向きになれる。ドミニカの育成例、鉄拳なしで甲子園に出場したプロ野球出身監督、そして提言。暴力反対。

www.ryocuu.com

 

4.スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド

【ベイスターズを5年で再生させた史上最年少球団社長が明かすマネジメントの極意】

売上50億で22億円の赤字を垂れ流した企業を、売上100億で5億円の黒字が出せる企業によみがえらせた企業再生のお話。

プロ野球というと選手年俸も大きいので大きい会社かと思いきや、50億~100億、一番売上のあるソフトバンクでも250億とのこと。

そんな会社をどうやって立て直すのか?おもしろいテーマだと思えば読むべき価値がある。

 

 

5.落合博満 アドバイス―――指導者に明かす野球の本質 

 

短期決戦の戦い方・データ活用の落とし穴・チームマネジメント・適性の見極め・実践的練習法・コミュニケーションの流儀……
指導者が抱える悩みに名将が正面から答えた新しい野球のバイブル

あらすじは!

短期決戦にエースを連投させるべきか?

「不調の主力」を起用し続けていいのか?

データはどこまで参考にするべきか?

どうすれば「練習のための練習」を脱出できるのか?

ウエイトトレーニングは取り入れたほうがいいのか?

 

技術論・戦術論・組織論などが書いており、さすが落合は違うなと思わせられかなり面白いです。
ただやはりGMとして失敗して分、説得力が落ちると感じたのと、失敗と「中日の野球は面白くない」という意見に対する

言い訳がちょっと納得いかなかったので星4つにしました。

中日の野球は面白くないに対する反論としては、勝つことを追い求めているのだから映画のような面白さを求めても困るとのこと。

しかし落合が真の日本一、野球ファンから愛されなかった原因がここにあると感じた。

結局中日を強くしたのも落合、今のように弱くしたのも落合だと思ってしまった。

 

 

6.広岡イズム - “名将"の考え方、育て方、生き方に学ぶ

ヤクルトと西武の監督で日本シリーズに優勝、セ・パ両リーグで日本一を達成した“名将"広岡達朗氏が、85歳になった今、野球人人生を通じて会得した思想と体験を一般の読者に伝えるために書き記した、後世への“遺言"ともいうべき書。

 

7.人生で本当に大切なこと 壁にぶつかっている君たちへ

 

 

岡田武史と王貞治の2人が人生の「試練」の意味を問う。

野球とサッカーで日本を代表する二人は、そんなときをいかに乗り越えてきたのか。「成長のためには怒りや悔しさを抑えるな」「人生は『3歩進んで2歩下がる』の繰り返し」「選択に迷ったら難しいほうを選べ」「小さいことに手を抜くと運が逃げる」「欠点には目をつぶり長所を伸ばせ」等々

 

 

 

8.野球ノートに書いた甲子園5

「昨夏の覇者」その看板を背負い、戦った作新学院高校。
甲子園出場、連覇を目指し葛藤する日々にあった「野球ノート」の存在。

 

9.いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング

2014年夏の石川県大会決勝。
0対8という圧倒的ビハインドで迎えた最終回で、球史に残る大逆転劇が生まれた!

 

www.nikkansports.com

 

高校野球のメンタルコーチや、大学の非常勤講師、企業の新人研修などで数多くの「さとり世代」と接し、数々の実績を上げている著者が教える、「さとり世代」の若者を動かすコミュニケーション術。

 

「言葉の使い方」のアドバイス集。

「なぜできないんだ?」ではなく「なにが原因だ?」。
(なぜ、と問われると責められている、ゴメンナサイと縮こまる。

「目標は?」ではなく「一年後にはどうなっていたい?」と聞く。

自信のない子には「自信を持て」ではなく「ありがとう」と言う。

そんなコミュニケーション術を記した書籍。

 

 

10.根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男

プロ野球の選手としては実働わずか4年で、輝かしい実績もない。
それが引退後にスカウト、コーチで経験を積み、1968年から広島の監督になると、先を見据えたチーム作りに才能を発揮。


次々と有望選手の獲得に成功。巧みな手腕で「球界の寝業師」の異名をとり、実質的に日本初のゼネラルマネージャーとして辣腕をふるった根本陸夫。

根本陸男氏の真相を、多くの人たちの証言をもとに抉り出していく。

 

 

11.プロ野球 奇人変人列伝

ノムラが見た球史に輝く強烈キャラクター52人を選出! !大成する選手はみな、奇人変人だった

  • 徹夜で麻雀をして、球場入りするなり出番まで医務室で寝ている選手
  • 交代のためマウンドに来ようとする監督を、怒鳴ってベンチに追い返す投手
  • 財布を持ち歩かない、とんでもなくケチな選手
  • 素振りもせず、常に鏡の前でフォームばかりチェックしている不思議なバッター
  • ラフプレーが日常茶飯事のケンカ野球の申し子
  • 野球の監督というより、軍隊の上官のようだった監督・・・など

 

ネタ切れ感のある野村本だが、がっつりエピソード集で、〇〇は頭がおかしい人、〇〇はどうしようもない男、〇〇は女たらし、〇〇はドケチなどと、プロ野球関係者をボロクソに斬りまくっている。

www.ryocuu.com

 

 

12.ドライチ ドラフト1位の肖像

ドラ1戦士が明かす、「ドラフト1位、それは限られた一握りの人間が得ることにできるものです。本来、プロ野球選手として輝かしい未来を約束されたものですが実際には…」

的場寛一「マスコミに追い回され、人と会いたくない。人間不信になっていました」
古木克明「頑張れという応援が皮肉に聞こえる。鬱病だったのかもしれません」

辻内の巨人に指名された時の笑顔の秘密も載っています。

 

 

13.不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

大谷思考を彼自身の言葉で浮き彫りにした語録集である。“誰もやったことがないことをやりたい”という気持ちがすごくあります。とあるように大谷語録を読めば大谷の成功のベースとなった思考を知ることができる。

写真も沢山掲載されています。

 

 

 14.次の野球

野球から「次」へ向かうための本。横浜DeNAベイスターズ全職員、全選手によるアイデアブック!負けたら返金、100万円のチケット、グラウンドシネマ…革新的なアイデアでスタジアムを盛り上げ、球界No.1の昨年対比122%の動員数を誇る横浜DeNAベイスターズによる「次の野球」

 

本書は、2014年1月に横浜DeNAベイスターズの職員・選手用に作られたものです。

まず”読んでもらうこと”を意識してか、横浜スタジアムの写真とファンサービスのアイディアのイラストがメインです。
球団のファンサービスに対する想いや理念は伝わってきますが、ビジネス書のような文字で伝えるものをイメージしていると期待を裏切られるかもしれません。

 

 

 15.東浜巨―野球日誌が語る22年

亜細亜大学が優勝を決めた日に発売になりました。センバツ優勝、亜細亜大学進学、1年からエース、完封記録達成。輝かしい栄光の裏にあった、幾度の挫折を乗り越えていざプロの世界へ。高校時代から、毎日書き続けた野球日誌が“東浜巨”の歩んできた道を語る。

 

 

16.ヤンキースのユニフォームにはなぜ選手の名前がないのか

ヤンキースは特異なチームだったんだ。プロスポーツはエンターテイメントだ。

 

スポーツビジネスには「戦略」と「ストーリー」が!ヤンキース、レッドソックス、ドジャースを中心にしたメジャー、7層構造のマイナー、観客と共に楽しむ独立リーグ。

アメリカの球団経営は日本人が抱くイメージと違いがあり新鮮。秀でた選手を揃えて世界一を目指すヤンキース型から、野球の試合以外に工夫を凝らす独立リーグ型まで様々、読者ターゲットは野球ファンというよりもビジネスマンに重きをおいているのかもしれません。野球の知識を要求されるような小難しい記述はなく、あくまでビジネス的観点から、アメリカ野球に興味のない人でも楽しんで読めると思います。

 

www.ryocuu.com

 

 

17.NPB以外の選択肢: 逆境に生きる野球人たち 

「NPB」でも「MLB」でもない、「野球選手」としての多様な生き方はまだある。旧態依然の価値観に一石を投じる野球人の生の声を、いまも米国独立リーグで選手として活躍する著者が聞き書きした

※国内外の独立リーグの関係者の話が多数掲載されている。

 

まず私も野球経験者で野球ファンですが、この本を読んで痛感するのは日本に根付いた野球界の閉鎖性や排他性です。


もともとアメリカから入ってきたBaseballは、見事に日本人のメンタリティに沿う形で「野球」になりました。

監督が絶対者で上下関係が厳しく、選手の自由度が低い野球教育が根付きました。

それはある面で日本式の野球文化の定着とWBCでの見事な優勝に結実したかもしれませんが、その負の側面をこの本は描いています。

アメリカのBaseball文化と日本の野球文化の違いは明らかですね。

www.ryocuu.com

 

18.東大と野球部と私――勝つために大切なことは何か

いかに合理的に効率的に野球をするか。気合と根性でなく頭脳で、スポーツ推薦選手だらけの私立大学に勝つか。「常識を疑え」という教えは必要不可欠だ思わせる本。

 

東大に限らず、今でも多く蔓延する古い技術の指導法や精神論について語られており、東大に限定せず上を目指したいチームは必読だと思う。

東大がどれだけ戦力的制約があるかも書かれており、本当に厳しい中で戦っているのだと感じた。

古臭い精神論に関してはどういう過程で成立したのかも詳しく書かれていて、本当に勉強されてるのだなと思う。

具体的には明かさなかったが、プロ時代わざと死球を投げるよう強要されたことなど、裏話があって面白かった。

 

 

19.永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット

かの有名なPL学園野球部。高校野球に興味がなくても名前は聞いたことがあるだろう。著者の徹底した取材と分析で、廃部の原因に切り込んで行く、理不尽な上下関係や暴力。PL学園の“ヤバさ"の正体とは?

 

PL学園野球部を題材にした漫画もあるのでこちらをどうぞ

www.ryocuu.com

 

体罰、先輩から後輩への暴力が「事件」になった教育の現場で、時代に取り残され廃部になったPL学園野球部。
徹底した取材力と分析力で、その廃部の原因に切り込んで行ったノンフィクションだが、本書の魅力はそこだけではない。


運命に翻弄されながら、最弱の62期生として最後のシーズンを迎えた12人の姿が、ありありと描かれている。そこに感情移入する。


ひとつのノンフィクションノベルとしても楽しめる、深みのある作品です。

 

20.機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

「機動破壊」というスローガンを掲げ、圧倒的な機動力で高校野球界に革命をもたらした健大高崎。その走塁・盗塁の全貌がいま初めて明らかに!

走塁に着目した理由や、走塁に対する考え方、数ある走塁・盗塁の基本から高等テクニック、クセ・球種の読み方、練習法、さらには西武ライオンズからドラフト1位で指名された甲子園優勝投手、前橋育英・高橋光成投手の攻略法にいたるまで、健大高崎の監督・コーチが具体的に「機動破壊」の全貌を惜しげもなく披露!

 

まず最初に自分たちと相手の戦力を徹底的に分析します。効率的な練習方法を「生徒側から教諭側に提案して」承認されるというプロセスが必要ですからね。

地区予選や大会が近付いてきたら先生方が練習試合を組みます、「練習の実戦から実戦投入への移行」ですね。このようにして「強者に対する弱者の戦い方」が身についていきます

 

 関連記事

www.ryocuu.com

www.ryocuu.com

www.ryocuu.com

www.ryocuu.com

www.ryocuu.com