巨人軍マンセー

【ボクシング】アメリカスポーツ史に残る珍事件「パラシュート男」

 

f:id:ryocuu:20170929151851j:plain

 

 

 

ボクシング時代・モハメドアリ・マイクタイソン・ホリーフィールド

 

1960年代に、蝶のように舞い、蜂のように刺す (Float like a butterfly, sting like a bee)モハメド・アリというスターが登場した。

 

スーパースターのアリも70年一杯で引退。スターのアリが抜けた痛手は大きく、その後「ポスト・アリ」の時代に最盛期を迎え、ヘビー級で長期政権をラリー・ホームズが長期政権を築くが人気は出なかった。

 

そんな時代に、破壊的なパンチ力で大男達をねじ伏せヘビー級の頂点に君臨したのが、小さな筋肉の塊マイク・タイソン、次々と巨漢ボクサーをなぎ倒す様は新しいヘビー級を印象づけた。

 


新しいスターのタイソンが快進撃を続ける中、ヘビー級の一階級下のクルーザー級に「リアルディール(本物)」というリングネームを持つイベンダー・ホリフィールドというボクサーが現れた。

 

 

ホリフィールドはオリンピックに行けなかったタイソンと違い1984年、ロサンゼルスオリンピックライトヘビー級で銅メダルを獲得し、クルーザー級でプロ転向後あっと言う間にWBA、WBC、IBFの3団体を統一し、同階級に敵なし状態となり、「ヘビー級でも最強であることを証明する!」と宣言し、タイトルを返上、ヘビー級戦線に加わった。

 

ヘビー級転向時には、「クルーザー級のスピードを保ったまま増量」する肉体改造のため、NASA協力のもと科学トレーニングを実践、負荷器具を身にまといシャドーボクシングする姿が話題となった。

 

 

1993.11.6(土)WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ「リディック・ボウvsイベンダー・ホリフィールド」

 

 この試合は前年に(1992年11月13日)同じ相手リディック・ボウに判定負けし、王座から陥落した。そのあいてとのリマッチ

 

そんな大事な試合でボクシングは元よりアメリカのスポーツ史上に残る意味不明な事件が起きた

 

 

関連記事▼【鼓膜がランバダを踊る】筋トレ・ランニング中に俺が聞いてる音楽を紹介

 

 

 

スポーツ史に残る珍事件

 

 

アメリカのボクシング雑誌にある男の訃報が掲載されていた。

 

元ボクサーでもなければ、関係者でもないその男の名は、ジェームズ・ミラーという。享年39歳。

 

多少ボクシングが好きな人なら覚えているのではないだろうか。

 

元ボクサーでもなければ、関係者でもない彼が有名なアメリカのスポーツ誌よって訃報が伝えられたかと言うと…

 

世界ヘビー級タイトルマッチ「リディック・ボウvsイベンダー・ホリフィールド」の7ラウンド1分過ぎ、突如空から降ってきたパラグライダー男が、リング内に着地しようとした。

 

その空から降ってきた男こそがジェームズ・ミラー

 

 

のちの調べで故意にリングへ向かったと判明した、その際ボウの嫁が驚きのあまり失神、試合は一時中断され(20分)、着地に失敗し、ロープに引っ掛かったところで、ミラーはシーザースの警備員らに袋叩きにされたあげく、手錠をかけられ、担架に乗せられて会場から連れ出された。

 

 

 

youtu.be

 

 

 

結局試合は2-0判定でホリフィールドが勝ち、王座奪還に成功した。

 

 

 

ジェームズ・ミラーはどんな人物だったのか

 

 

10日間の拘留と罰金4千ドルを払ってもまだ懲りず、このパラグライダー事件後も、バッキンガム宮殿に侵入を試みて失敗し、国外追放になっている。

 

 ミラーはどんな素顔の持ち主だったのか、訃報を伝えたスポーツ誌によれば、彼は健康を損ねていたという、詳しい理由は分からないが、彼は発達障害を抱えていたのだろう。

 

その後39歳の時にアラスカで消息を絶ち、アラスカのバルデスというところで、木にロープをかけ首吊り自殺を遂げたミラーの遺体が発見されたのだという。

 

 

ジェームズ・ミラーより悲惨なことになったリディック・ボウ

 

パラグライダー男、ジェームズ・ミラーは自ら命を絶ったが、ミラーにおとらず悲劇的なのはボウの運命である。

 

ホリフィールドの手で初黒星を喫したこの試合がケチのつき始め。その後は家庭崩壊劇を演じて破滅の一途をたどり、塀の中で暮らすはめになったのだ。

 

 

リディック・ボウの転落劇

 

  • アメリカ海軍の海兵隊に入隊。入隊後、新兵キャンプにおいて訓練を受けるが、訓練中の態度が問題視され11日で除隊する。

 

  • 愛妻家として有名だったボウ、妻のジョディを気絶させるほど殴り逮捕される。末の息子が、ジョディが死んだと勘違いするほど壮絶な暴力だったという。

 

  • その後、家族愛をアピールしたり、電話で「君に車を買ってあげた」と伝えたりするなど家族との関係を回復させるために奔走するも失敗に終わった。

 

  • 復縁に失敗したボウは、家族が住むノースカロライナ州まで車を走らせ、3人の子供をバスの停留所で待ち伏せしたうえで誘拐。さらに、ジョディが住む家に押しかけ、車の中に用意してあったナイフや手錠、催涙スプレーなどの武器をちらつかせて脅し車に乗らせた。その後「誘拐罪」で実刑を食らってしまう

 

 

 

上手く身体を絞れない方にオススメのものをザッとまとめますね!

f:id:ryocuu:20171010235531j:plain

 

 

 

【RIZAP(ライザップ)】

f:id:ryocuu:20171010235703j:plain

 

専属トレーナーによるマンツーマントレーニングなので、食生活やメンタルのマネージメントも付き

 

1日50分、週に2回の完全個室のプライベートな空間で無理のないトレーニングができ、更に無料カウンセリングも受けられるので、健康的に痩せ、理想のカラダを手に入れられる

 

これまでダイエットやジム通いが続かなかった人におすすめ

 

今なら30日間無条件全額返金保証付き

公式サイト▼【RIZAP(ライザップ)】入会プロモーション

 

 

 

【DAILY BASIC(デイリーベーシック)ホエイプロテイン】

f:id:ryocuu:20171011000411j:plain

 

 

たんぱく質80%以上のホエイプロテイン。


糖質を抑えた作りになっており、現代のトレーニングやダイエットに非常にマッチした商材となります。


また、現在Instagramで大きく話題となっており、味の方も2年以上の改良を重ねてリリースした商品で、少量の水で溶ける仕様になっていますので、とても飲みやすくなっています。

公式サイト▼【DAILY BASIC(デイリーベーシック)ホエイプロテイン】