Follow @ryokn_10

アニメ版ゴジラのこれじゃない感は異常、どうしていつもそうなる

アニメ版ゴジラの姿が!映画『GODZILLA 怪獣惑星』予告編

 

 

youtu.be

 

概要

 

 突如出現した怪獣たちと彼らを倒すパワーを持つゴジラを相手に戦ってきた人類だが、次第に力を失い地球を脱出しようとする。人工知能によって選別された者たちが恒星間移民船・アラトラム号でくじら座タウ星eにたどり着いたが、そこは人類が生存するには過酷な環境であることが判明する。アラトラム号に乗る青年ハルオは移住の道が閉ざされたのを機に、地球に帰還して両親を殺した敵でもあるゴジラを倒そうと決意。長距離亜空間航行で2万年の歳月が流れた地球に戻るが、地上の生態系の頂点にはゴジラが位置していた。

 

 

godzilla-anime.com

 

 

どのジャンルにおいてもオタクや古参ファンは自分の好きなネタしか見えなくなり、視野が狭くなり、己が少数派だと自覚できず、変な縄張り意識をつくりコンテンツを衰退させていく新規ファンの扉を閉ざし締め出そうとする、野球問わず他スポーツ、他ジャンルにおいても同じ事だと考えており、ゴジラにおいても新しい要素を組み込むのは良いことなのだろう…と痛恨の極みではあるが…泣く泣く受け入れてきた。

 

 

「こんなマグロばっか食ってそうなゴジラはゴジラじゃない」なんていう気は毛頭ない、だがこのゴジラの予告を見て、コメント欄にもあるが宮野が声を付けてるせいもあって「亜人」にしか見えないし、予告を見た限り「ゴジラ」より寧ろ「人間」がメインの構成になってるように見え悶々としている。

 

 

その裏にある制作者の思想や心情は作品のリアリティには結びついているかもしれないけど、ゴジラの本質的な魅力はそこではない。

ゴジラは人間の都合なんて関係ない、人の手に及ぶところではない圧倒的破壊の化身であるからこそ、ゴジラたり得る。

 

ゴジラが街を破壊する事には恐怖とカタルシスがある、積み上げたトランプタワーを叩き壊す快感というか、水爆という人の業によって生まれ人を害した存在から、時に人を守り時に人を蹂躙する圧倒的な力を持つ自然を具現化した存在に。

 


理不尽なまでの力で暴れ蹂躙し、目的を果たしたら帰っていく。
人智が及ぶことは無く、人はゴジラが鎮まるまで耐えるしかない。
日本古来の神の概念をそのまま体現してるんじゃないかと思う。

 

日本社会には超高層ビルが乱立し、それまでのゴジラの身長設定で併せるとビルの方が高くなってしまい、ビルより高いゴジラ”という当初からあった魅力が半減したと製作陣が語ってた、その為にゴジラ製作が終焉方向にと。

ゴジラは台風のようなもので、ゴジラ暴れて通り過ぎるまで、人知が一切及ばない存在であるべきなんだよね、そこを征服終焉しようとする安易な発想が最初のハリウッド版のゴジラだったわけだ

シン・ゴジラはビルよりさらに超巨大設定にしたけど、ゴジラ設定を説明する為に時間を裂きすぎてドキュメンタリー染みていて面白みに欠けた。

 

 

かくいう自分がどんなゴジラが見たいかというと、ゴジラが人をまるでゴミのように踏み潰し、建物をショートケーキをプラスチックのオークで撫でるように破壊し、怪獣を「俺様がゴジラだ」と言わんばかりに返り討ちにするそんなゴジラ、背中を幻想的な光に染め口から咆哮を飛ばす、破壊と美しさ一見相対する物を美しく見せる。そんなゴジラが好きなんだよ、極論を言えばストーリー性は求めていない。

 

俺には見えるんだ、金曜の夜に月曜からの借り物の日々が坂を下るように終わる。ほとんどがうまくいかないことの積み重ねで、部屋に戻り、一人になると、俺はときどき「なにをやっているんだ」と自分を殴りたくなる。

 

先ずテレビ、次に冷房のスイッチを入れる。暗闇のなかに背中を光らせた怪獣。アイスを口に入れ。冷えピタを背中に貼る、部屋が暖まるまで俺は「外」の空気を持ち込み、ゆっくりと自分の部屋の空気と中和させていく。

 

深く呼吸をして馴染ませていく。肺から。身体を。そして…ダダダン、ダダダン、ダダダダダダダダダン 「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラがやってきた!」

 

ダダダン、ダダダン、ダダダダダダダダダン 「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ」「ゴジラ、ゴジラ、ゴジラがやってきた!」

 

デストロイヤァァァァァァァ!

 

 

f:id:ryocuu:20170817054446j:plain