Follow @ryokn_10

ブログにyoutubeで活躍中の松井一代一連の事件の真相がわかってしまった。

 

 

 

大変な事が 
起きてます 

週刊文春に 
だまされました 

私を 
助けてください 
寝ないで 
待っててください 


もう少しで 
Youtubeに動画をあげます 

命をかけてます 
お願いします 

 

 

からの!

 

 

 

youtu.be

 

 

松井一代が文集に送った果たし状みたいな手紙

 

新谷学編集長様

ひと筆申し上げます

松居一代と申します 

不躾にも このようなかたちでご連絡をとらせていただく

ことをお許しください

どうしても新谷編集長様に御目にかからせていただきたいと

願ってのことでございます

バッターボックスに立つ覚悟を決めての行動です

御時間をいただけますように切によろしく御願い申し上げます

 

 

 

 

 

動画要約

 

5月24日 週刊文春(新谷編集長)に会いたいと手紙で依頼 

6月2日 渋谷のエクセルホテル東急の会議室リーフで文春中村と会う(初対面)

中村に出来上がった原稿を見せてほしいと懇願も、それは無理なのでかわりに読み上げると約束

7月4日 いくら電話しても誰もでないので週刊文春を訪ねる(映像あり)

 


・1年5か月、命を絶とうとしていた


・愛する息子と船越に遺書を書いた

 

・船越の書いた恐怖のノートを発見

 

・自分が借りてきたGPSを週刊文春がつけて尾行してた)

 

・週刊文春に真実を書いてほしいと頼むも、嘘をつきましょうと言われる

 

・嘘をつきたくないので寄稿文にしてほしいと頼むも断れらる

 

・とにかく週刊文春に騙された、裏切らた、汚いやつらと強く主張

 

 

 

 

 

 

 

動画内からいくつかキーワードを抜粋して考察していく

 

 

 

恐ろしいノート(船越ノート)

見えない敵

尾行

上沼恵美子 

 

 

 

恐ろしいノート(船越ノート)

 

 

船越英一郎さんのデスノートを偶然発見、そこに自分の名前が書かれている事を眼前に捉えてしまう、そのまま船越ノートを持ち去り逃げていたという脚本のサスペンスドラマ、深夜スッピンでの告白に鬼気迫るものがある事実は小説より奇なり、大よそ筋書きはこんなものだろう。

 

 

 

 

 見えない敵・尾行

 

 

動画やブログを拝見していると「見えない敵」と戦っている印象を受ける、もう皆さんお分かりだろうがこれは「死神」である、死神は松井一代の耳元でこう囁いていたはずだ「船越英一郎のフナコシ棒に無理矢理乗っかって地獄にも天国にも行けると思うなよ」

 

 

 

 

  所管

とりあえずここまで!これから船越がどう崖の上で身投げを決意した神聖かまってちゃんこと松井一代を説得するのか、はたまたマツイ棒・改の宣伝なのか、それとも文春「こういう感じの演出でオーバーにお願いします。売上伸びるので」 松居「あいよっ」的な説もなくはない。

 

 

 

www.ryocuu.com