Follow @ryokn_10

スポンサードリンク

デブを正しく認識しない限り、生涯何も残せないまま終わる。

 

 

午前7時30分。戦いのゴングは鳴る。ボクは通勤で必ず先頭車両に乗る。先頭車両はネバーランドだ窓際を眺め駅名を稲妻のように呟く中年、車内を軽快にスキップしながらシャトルランを始める中年、そんな快適な先頭車両にある日ピグモンのようなデブ女が出現して以降ボクの快適な通勤生活に濃い暗雲が立ち込めている、デブ女は颯爽と電車に乗り込むと、車内の椅子に腰掛ける「ミシミシ」けたたましい椅子の断末魔を鳴り響かせ、衝撃が古代シダ科の葉脈のように僕の痛んだ古傷を抉る。ボクはデブが理解できない、地球に存在する限りある貴重なカロリーをそんなに無駄にしてどうするんだろう、デブは言う「人は中身だ」確かにこれはそうかも知れない「が!」個人的にデブはゴキブリのようなものなのである、お前らゴキブリが「俺足速いよ」とか「俺物凄い数の遺伝子を創造できる」とか自慢してきて好きになれるか?なれないだろう。

はっきりさせておきたいのがデブ女に可愛い面など一切ない、夜通し泣き明かし辛い出来事から立ち直りチベットの高原地帯で偉い坊さんに慰めの言葉を頂戴してる姿を100m離れた距離から見る横顔ですらブサイクなのである。

 

デブは人の気持ちを考えない記憶に新しいのが、ガリガリガリクソン、ガリガリガリクソン容疑者とか読まされるアナウンサーの気持ち考えたことあるんだろうか、デーモン閣下が捕まったら10万歳って表示出るのかな、そんな無駄な事を考えさせられ無駄に酸素を消費し俺様の貴重な時間を奪った罪は極刑に値する、飲酒して車ガリガリしてホイールもガリガリしてタイヤパンクしたところをおまわりにガリガリ見つかってガリガリ捕まったけど酒飲んだせいで記憶がガリガリやられて車をガリガリ運転したか覚えてないって、ニュースの字面見て一瞬性犯罪かと思った、それは謝罪する、ごめんね。

 

話を戻そう、仕事を控え今にも殉職しそうな表情を浮かべているリーマンが無造作に立ち並ぶ車内がリング。青コーナーがデブで赤コーナーが僕。ボクは暑さを訴えフェイスを手で仰ぎ、お前は存在が公害だよジャブを放つ、デブは何食わぬ顔で化粧をし始めるという軽快なフットワークで軽くかわし、僕の拳は空を切る。そこにデブがせんべいをボリボリ食べるカウンター攻撃。「ボリボリ」醤油の匂いと共にデブ特有の汗交じりの香水の匂いがアルカトラズと化した車内に立ち込める。発生源を特定しようとする試みる社蓄は数秒の抗戦ののち、戦意と共に永遠に砕け散る。タオルを要請するようにセコンドを見やる。セコンドのいるべき空間には車内駅名絶叫中年と、シャトルラン中年の姿があるだけ。絶望。実質の敗北である。デブは発汗が凄い顔は油塗れでテカッている。来世はその特殊能力を活かして薪不足に悩む存在すら認知されていない原住民に薪として重宝され駆使されるか、熊のおもちゃとして動物園に寄贈されてほしい。デブの幽霊は存在しないようにあらゆる面でデブは異端なのである、早く気付けデブ、人の視界に入らないように気をつけろデブ、身体に気をつけろデブ。