Follow @ryokn_10

スポンサードリンク

日本野球を退化させた加藤良三、地獄の統一球時代

 

統一球・加藤球とは

2011年シーズンから導入されたNPBの公式使用ボールのこと。

これまでは、球団間で使用するボールが異なることで公平性が損なわれる点が疑問視されていた上に、国際試合の度に選手がボールに対する戸惑いを持っていた。
加藤コミッショナーがWBC連覇を達成した2009年直後から、ボール統一の必要性を説いてきた経緯があり、それを受けて2010年1月に12球団が意思統一。

 

世界のプロ球技を見ても世界中でボールが統一されていないのは、恐らく野球以外ないので指先で扱う「ボールを統一しよう」という試み自体は悪くなかったと思う。以前はホームチームが使用球を選択していた。自由に選択していたとしてもいずれも規格の範囲内のボールであり、規格の定める反発係数0.41〜0.43の範囲内で飛ぶか飛ばないかの話に過ぎず、いずれも正規のボールである。

 

2010年は

一試合平均得点、セ4.33 パ4.47
という数字はやや打高

これに対して2011年の
セ3.15 パ3.41
という数字は近年ではおよそ見たこともない打低であり異常である。

 

統一球の特徴

最大の特徴は、飛距離が抑えられることにある。中心のコルク芯を覆うゴム材に新開発の低反発ゴムを用い、平均反発係数を規格値下限の0.4134に近づけて製造。
その結果、投手の球速を144キロ、打者のスイングスピードを126キロ、最も距離が出るとされる飛び出し角度27度として計測した飛距離は、従来の約110.4メートルから約1メートル減の約109.4メートルになるとされる。

北京五輪などで使用され、“飛ばないボール”と言われていた「ミズノ150」よりも「統一球の方が飛ばない」とミズノ社自体も広報している。

また縫い目の高さはより低く、縫い目幅はより広くされ、国際試合時に違和感のないよう工夫。
従来はメジャーリーグで使用されている馬革*1の使用も検討されたが、原料仕入れや転換技術の問題などから変更されなかった原料の牛革の使用対象範囲も従来の背中側だけから、IBAF(国際野球連盟)やMLBの使用球のように牛の脇、腹の一部にまで広げられた。
微妙な感触の違いはあるものの大差はないと説明されたが、実際使用した投手からは、前に比べ滑りやすく肘に負担がかかりやすいとの意見も見られる。

2013年、統一球を反発力の大きい「飛ぶボール」に変更しながら公表していなかった事が発覚。

平均反発係数を0.4134から0.415~0.416に変更。同社によると、0.001変わることでボールの飛距離は約20cm変わるという。

2013年6月12日、加藤良三コミッショナーがNPB事務局で緊急会見。統一球の変更について聞いたのは11日とし、事実を隠蔽する意図はなかったと強調。
変更は下田邦夫事務局長の独断とし「不祥事ではない」と発言している。

 

統一球を導入した2011年・12年は投手戦とは名ばかりな「無」に近い貧打戦と呼ばれるような試合が目立った。

(統一球)を導入し飛ばないボールに適応して更なる打者のレベルを向上させようと考えたのであろう、実際起きたのは統一球でも飛ばせるだけの打力を身につけるのではなく、長打を捨てて打率を維持する、ベンチもある程度「打」を捨て守備や走塁で優位性を考える采配をとった。

 

私見だが、本当に強打者を育てたいのなら、打高にしてしまうのが手っ取り早いと思う。強打者が出場しやすく活躍しやすい状況をつくった方が強打者の育成には望ましいからだ。

 

ただでさえ貧打線で退屈なのに更に3時間半ルールとか言うゴミルールもあった、無駄に牽制球を投げ時間稼ぎをしたり…東日本大震災による節電アナウンスも加わったことで、ストライクゾーンが広がり、ホームラン数の激減、防御率1点台の投手の大量化という見るに絶えない地獄のような現象を生んだ

 

 

加藤良三くん

 

f:id:ryocuu:20170524191636j:plain

 

統一球導入は間違いなく新たなスラッガー誕生への弊害になったと思う、2013年に公表せずに「飛ぶボール」に変更した後も数年後遺症に苦しんでいる選手達や異様に「小技」を過大評価する馬鹿も大量に生まれた、日本野球を数年遅らせ退化させ、去ってなお悪影響を振りまく原発のような人間加藤良三くん

 

 

 

 

高校野球飛ぶボール問題

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

高校野球,、通算本塁打数が準々決勝で64本に達し、過去最多の2006年第88回大会の60本を更新。
ホームランが増えた理由として「ボールが変わった」という意見が多く挙げられている

 

 

聖光学院・斎藤監督

 

「最近の子供のパワーアップでしょう。コレに尽きるのでは」と指摘。

 

 

明徳義塾・馬淵監督

 

「今年は強力な投手がいない。150キロクラスの投手がもっといれば違った結果が出たかも」

 

 

花咲徳栄・岩井監督

 

「甲子園では打球がよく飛ぶ印象がある。去年から県大会よりも甲子園のほうが飛ぶように感じます」と証言。原因については「打てる高校は食べるものが違うのかな」と見当もつかないと言わんばかりだった。

 

 

主催者の朝日新聞関係者

 

「使用しているボールは毎年同じです。反発係数なら大理石に落とす検査できちんとチェックしています。ボール自体には何も問題はありません

 

大会前半は本塁からセンター方向への風が強い日が多かったから、追い風に乗った本塁打が増えたんじゃないでしょうか」 甲子園に“ホームラン風”が吹いていたということか。

 

なお、60本塁打を記録した06年88回大会以降は、低反発球に変更する措置が取られたが「今回はそういう話は一切出ていない」

 

 

加藤良三が与えたボールへの不信感は今も野球ファンに根強いのである。

 

案の定ネットでは、くだらないオタクが「甲子園のHR数の増加は高野連が清宮の為に今大会だけ予め飛ぶボールを用意してた」。「高野連が飛ぶボールを導入したのは清宮の記録を作りたいからじゃなくて清原の記録を抹消したいから」とかズレタ所で虫みたいな顔でゴチャゴチャ常軌を逸したツイートをしていた。

 

 

飛ぶボールかどうかは詳しい検査結果が出るまでは何とも言えないのは当然だし、ホームランが極端に多い・少ない時に投手・打者のレベルの向上の話より先にボールが飛ぶボールか飛ばないボールかという話になる。オタクも加藤良三もクソじゃん。

 

 

 

 

www.ryocuu.com

 

 

 

www.ryocuu.com