巨人軍マンセー

MENU

【最新】アドセンス審査に(不合格)落ちるって人はこれ見てくれ!

f:id:ryocuu:20170508211022p:plain

 

 

 

長くなったので目次を付けました。

 

 

 

 

合わせて読みたい1.【無料で読める】マイナーなのに面白いオススメの「野球」漫画を紹介する!
2.「カズオ・イシグロ」ノーベル文学賞の賞金「1億」の税金はどうなるのか
3.BSのNHKの画面左下の表示を簡単に消す方法
4.【完全版】フジテレビオンデマンド、評判!口コミ、無料体験まで全て分かる

 

 

 

 まず始めに

 

アドセンス合格マニュアル的な記事が心底気持ち悪いので再度追記で書く。

 

ネット上には、「アドセンスアカウント合格する方法」または「完全マニュアル」と銘打った詐欺紛いの記事が数多く散見されますが、大半は邪魔なアドセンス審査厳格化の前、もしくは的が外れたような事が書いてある記事が多く現在では通用しないノウハウを掲載しているようなものを多数見ます。

 

そのような誤った情報を発信し初心者をカモにしほくそ笑んでいるブロガーの情報を鵜呑みにして審査に挑戦し、不合格になっているようでは人生の限りある時間を無駄にしてしまうので、これからアドセンス審査に挑戦しようとしている人はできる限り最新の情報が掲載されている解説記事を参考にすることを強くオススメします。

 

 

アドセンスを合格するための全てのマニュアルとして紹介しています(キリッ!)

 

 

やってわかったが、こんな記事書いてるの初心者を騙す詐欺紛いの記事と言って良い、人間って自分が属する集団をどんどん細分化して差別をしていくのかなとか感じたりする。

 

検索上位になってアクセスを増やしただけなのに、下自民に役に立つ情報を発信して人々の手助けをするぞーというライトノベルの主人公にでもなったかのような全能感丸出しの思想を掲げ始めたりするんだよブロガーって。

 

 

 アドセンス審査手順の手順から説明するが不要な方は飛ばして下さい

 

 

 アドセンス審査手順の解説

 

 

独自ドメイン取得

独自ドメインを利用したブログでないと審査に申し込むことすらできません。独自ドメインというのは***.comなどのサイトURLのことです。(***は任意に決めれる)無料ブログなどでは、サブドメイン扱いとなる。

 

 

 

 

1次審査


まず、一次審査です。Googleアドセンスのアカウントを作り、審査対象のWebサイト、「連絡先情報」を入力し申し込む。僕の場合は1次審査はなかった?のか、そのまま2次審査に進んだ、(1次通過のメールもなかった。

 

 

 

2次審査

1次審査に合格すると、次は2次審査です。


2次審査では、Googleから提示されるコードを、自分のブログに設置する必要があります。コードを設置することで2次審査の対象になります。

AdSense へようこそ。サイトをリンクしてください。コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です。手順は次のとおりです。
• 下のコードをコピーしてください。
• 次のサイトの HTML に貼り付けます<head> タグの直後に配置
• 完了したら、チェックボックスをオンにして [完了] をクリックしてください。

 

という指令がグーグル大明神から出るので、これを「ダッシュボード」→「設定」→「詳細設定」内にある「headに要素を追加」し「変更する」を推す

 

コードを正しく貼り付ければ「headに要素を追加」内のどこに追加してもグーグル大明神が自動で検知してくれるので問題ない、すると二次審査が始まります。アドセンスの管理画面に「お客様のサイトを審査しています。」というメッセージが表示されれば二次審査開始です。

 

 

 

2次審査の期間

ネット上の記事を見る限り、かなり人によってばらつきがあります。最近は厳しくなり長期化しているようで、「お客様のサイトを審査しています。サイトの審査には最大で3日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。」まず3日では終わらない、自分の場合は10日かかった。

 

 

ざっくりですが、Googleアドセンスの審査は以上のような感じです。

2次審査も合格すると、晴れてGoogleアドセンスの広告を設置できるようになり、ブログに掲載し数分後に広告配信が開始する。

 

 

 

Adsense広告の設置方法・手順

 

 

アドセンス申請が完了し、いよいよ、アドセンス広告をブログに設置することが、可能になり、日銭への欲求が増しヨダレがダラダラ

 

 

①アドセンスにログインし「広告の設定」をクリック

 

f:id:ryocuu:20170821033312j:plain

 

 

②「新しい広告ユニット」をクリック

 

f:id:ryocuu:20170821033513j:plain

 

 

③次にブログに設置する広告のタイプを登録します。

 

f:id:ryocuu:20170821033654j:plain

 

 

①名前

 

広告の名前の設定(なんでもok)自分はブログのurlを名前に設定いています。

 

 

②広告サイズ

 

設置する広告のサイズの設定。

 

おススメはヘッダーに「ビックバナー」など細かく設定していましたが、今は「レスポンシブ」で統一しています。

 

「レスポンシブ」は表示されている画面のサイズに最適の広告が自動で表示されます。

 

PC画面なら大きめ。スマホなら画面に収まるサイズに表示されるので、様々な広告が表示されるので、とても便利です。

 

 

③広告タイプ

 

「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択

 

 

「保存してコードを取得」をクリックし「広告コード」をコピーする

 

f:id:ryocuu:20170821034734j:plain

 

 

コピーしたコードをブログに設置すれば、広告配信が始まります。

 

 

 

アドセンスを使う上での注意点・規約

 

 

 

①:広告を自分でクリック

 

 

アドセンスを自分でクリックすることは規約違反で、ネットの情報や他の方のブログに「絶対にクリックしないように気をつけましょう!!」なんてことを書いていたりもしています。

とは言っても、どんなに気をつけていても、「「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」と間違えてクリックしてしまう単純ミスはあると思います。

 

実際僕もありました。「これは詰んだと…グーグ大明神にシバかれるんだと…」

 

グーグルアドセンスのヘルプのページに以下のような記載があります。

 

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

 

1回や2回程度のの誤クリックであれば、たいして問題がないみたいです。無効とみなされた分だけ集計から外されて、特になにもないようです。

 

 

 

②:”スポンサードリンク”広告

 

必ず広告の上には、“スポンサードリンク”もしくは“広告と文言を入れましょう。

「これは広告ですよ」ということを読者にわからせるために必要なものです。

 

 

③:広告をクリックすることを要求・相互クリック

 

不正クリックはアドセンス一発レッド案件、相互クリックとかは割と簡単に見破られてしまうそうなので、やめた方が良い。

以前より、一発でアカウント停止する前に、警告メッセージ、警告メールが発せられることの方が多くなったみたいですが、それでも一発でレッドカードが出されるような事態がないとは言えません。

 

 

アドセンス広告はあくまで、「読者が自発的に広告に興味を持ちクリックすること」を前提にしていますので

 

・自分でクリックする

・読者にクリックを要求する

・読者が間違ってクリックしてしまうように仕向ける

 

 

 

 以上のことは厳禁

 

 

 本題!

 

 

よく言われてるアドセンス審査マニュアル

 

・画像の有無とか

・他社の広告の有無とか

・他サイトからの引用・外部リンクとか

・記事数(最低30以上とか)

・文字数(最低1000文字以上とか)

・連絡フォーラムの設置とか

・審査用のブログを作る

 

 

画像の有無

 

 

f:id:ryocuu:20170503210823j:plain

 

 

当ブログを見ていただくと分かる通り 画像を多用しています。審査時も画像を大量に使っていたんでこれは大嘘です。

普段自分が読んでいる「Google Adsenseの広告を貼っているブログ」を思い浮かべれば自ずと答えは出てくるはず。

 

画像の有無は合否には影響はない。

 

 

 

他社の広告の有無とか

 

ここで言う1他社の広告とは以下のもの

 

 

amazonアソシエイト
楽天アフィリエイト
楽天LinkShare
TG-アフィリエイト
忍者AdMax
A8.netアフィリエイト
ValueCommerceアフィリエイト 

 

AdSense と他の広告ネットワークを併用する – AdSense ヘルプ ※引用

 

AdSense と他の広告ネットワークを併用する – AdSense ヘルプ (抜粋引用)

お申し込み時の条件

既に他の広告ネットワークに参加している場合の申し込み

 

Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。 アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます。

 

お客様のページに既に広告ネットワークによって Google の広告が表示されている場合も、AdSense プログラムに参加して広告を掲載することができます。サイト運営者様は、任意のウェブページに標準的な Google の広告ユニットを 3 つまで表示することができます。

 

ただし、Google の広告を直接掲載することによって、お客様の広告ネットワークとの間に生じる可能性のある契約上の問題については、お客様の責任で解決していただくことになるのでご注意ください。

 


同一ページにおける Google 広告とその他の広告の同時掲載

他社の広告のフォーマットや色が Google 広告と明らかに異なっていれば、その広告と同じサイトやページに Google 広告を表示しても問題ありません。

 

Google 広告を掲載するサイトやページに Google 以外の広告を掲載する場合は、その広告が別の広告配信ネットワークから提供されるもので Google とは一切関係ないことをユーザーに明示する必要があります。

 

フォーマットが似ている場合は異なる配色をお選びください。

このポリシーは、広告主様にできる限り公平を期すとともに、AdWords と AdSense プログラムの一貫性を保つためのものです。

 

このポリシーを含む AdSense ポリシーの全文については、プログラム ポリシーのページをご覧ください。

 

なお、他社の広告もサイトのコンテンツの一部として見なされるため、AdSense のポリシー ガイドラインに準拠する必要があります。

 

 

と明確に記載があるので問題ないですね。

 

 

 

記事数(最低30以上とか)・文字数(最低1000文字以上とか)

 

これに関しては「不十分なコンテンツ」という不合格理由に該当する部分なのでなくはないと思いますが…

 

僕が審査に合格した時の記事数は22記事であり、最低文字数は200文字だったので、明確な判断基準にはなり得ないと思っております。

 

ただ…


内容自体が充実していないブログの場合は その点で審査に影響する可能性はあります。

 

アドセンスの場合 支払いはGoogleではなく広告主が行うため 情報量が乏しく 閲覧数が見込めないサイトには広告は載せたくないはずです。

 

クリックのみで収益が発生してしまうため、まずはコンテンツを充実させることが重要となるわけです。これはわかりますよね。

 

その為、「検索ボックス」の設置「記事のカテゴリー分け」「関連記事の設置」は必ず必要な要素だと考えております。

 

 

他サイトからの引用・外部リンクとか

 

結論的に言うと、外部リンクがあっても審査には通ります。僕がそうでした。ニュース記事の逆張り記事を書いた時に、外部リンクも引用も行いました。

 

ネットに出回っている情報を見ても、これは「他サイトからの引用・外部リンク」に関わらず他のデママニュアルにも同じ事が言えますが、外部リンクは使わない方が良いと書いている記事は多いのですが、ほとんどの記事にその根拠が示されていません。

 

説明するからにはその根拠が重要な事は当然で、インターネットには正しい情報も嘘の情報もたくさんありますので、その話の根拠やソースが確認できないことには簡単に信用するべきではありません。

 

では、なぜこんなに言われているのか?それは、余計なことはしない方がいいよという話をしているに過ぎません。

 

 

アドセンス規約違反にならない為の引用の仕方

 

文章を引用するときに必須なのが引用元の記載・誰の・何という文章かがしぅかりわかるようにすること。

どの文章を引用したのかを特定できるようにしておけば問題ないと思われます。

 

『記事名、引用:http://headlines.yahoo.co.jp/』でも大丈夫だと思います。

 

 

 

 

審査用のブログを作る

 

正直これが一番意味不明だった。

 

何が意味不明かと言うと、時間の無駄以外の何物でもないから、案を出す人間も、乗っかる人間もどうかしてる。

 

 

 

という事でこれらの合格マニュアルは、現在の審査基準ではそこまで信ぴょう性ナシ、勿論アダルト・グロな内容の画像とか問答無用でアウトだろうけど、そうじゃないものについては別にOKなんじゃねってのが個人的な感想です。

 

 

GoogleAdSenseヘルプフォーラム

 

productforums.google.com

 

 

もしネットで何らかの合格へのヒントを得たいなら、GoogleAdSenseヘルプフォーラムを読むことを推奨する。

 

 

 

ヘルプフォーラムにはこう記載がある

 

 

審査に合格するためにはプログラムポリシーをよく読んで、準拠したサイトを作ること。またウェブマスター向けガイドラインについても良く読んでおくこと


日記よりも自分の得意な分野、趣味などについて書くこと。人に情報を提供できる記事であること


カテゴリーわけもしっかりと、分けたカテゴリーはコンテンツが1つとかではなくそれなりにコンテンツも充実させること


サイトのナビゲーションも意識する


段落、改行、見出しも使ってユーザーが見やすいページであること

 

適度に画像と使う、必要であればリンクも貼ること


再審査には2週間空けること。空けていない場合は機械的に落とされる可能性があること、紐づけがはずれるのに2週間

 

 

ウェブマスター品質に関するガイドライン

 

support.google.com

 

 

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。


ユーザーをだますようなことをしない。


検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。


どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

 

 

 

 

俺が審査に向けてやったこと

「審査中も絶えず記事を書き続けて更新していくこと」

「パンくずリストの設置」

「カテゴリ内に一つしか記事が存在してないかの確認」

「トップページで複数の記事を(続きを利用し)閲覧できる環境を作ること」

これぐらいですね

 

昔は無料ブログで5記事とかで通るほど緩かったみたいですが、厳しい厳しいと絶叫する割には、「グーグルざっこw」ってのが本音です。

 

 

 

もし落ちていたらやろうと思っていたこと

 

もし落ちたらグーグルを絶賛する記事を5000文字くらいで書いて再度申請してやろうと思っていたので手間が省けて良かったです。

 

という事でこれらの合格マニュアルは、現在の審査基準ではそこまで信ぴょう性ナシ、勿論アダルト・グロな内容の画像とか問答無用でアウトだろうけど、そうじゃないものについては別にOKなんじゃねってのが個人的な感想です。

 

 

 

 

必読

 

ギャンブル関連のコンテンツ
AdSense では、ギャンブル関連のサイトやコンテンツへの広告の掲載を制限しています。

ギャンブル関連のコンテンツに関するポリシーは、サイト運営者様が所在する国によって異なります。

一部の国以外では、ギャンブル関連のコンテンツやギャンブル関連のコンテンツへのリンクを含むページに広告を掲載することは許可されていません。

これには、現金やその他の賞品を獲得する機会と引き換えにユーザーが賭けたり、ゲームをプレイしたりすることを許可するコンテンツも含まれます。


引用元:https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

 

 

 

おすすめ記事▼「メディア芸術データベース」マンガ・アニメ・ゲームの情報をまとめた良質なデータベース

 

 

 

所感

 

 

はてブコメントで「僕はあきらめました。」とのコメントをいただきましたが

 

審査が厳格化したと言えどボクが思うに古参ブロガーや意識高い系のイキリブロガー共が根も葉もない、もしくは化石化したアニュアルを広め余計自体を難しくしてる気がしてならない

 

僕は運良くアドセンス審査に通ったのかも知れないが、215文字の記事が存在してる中でアドセンス審査に合格したのは紛れもない事実なのである。

 

無責任な事は言いたくないが「審査時過去の情報より倍以上更新しろ」とか「記事は全部2000文字以上書け」そんなことじゃなくもっと根本的な問題なんじゃないのか。

 

 

 

 

 

関連記事▼後悔だらけBloggerでブログデビュー!具体的なデメリットと感想!評判

 

 

 

 

 

アドセンス以外のASPやブログを使っての収益方法

 

 

f:id:ryocuu:20170331145157p:plain

アフィリエイトB

アフィリエイトB(Affiliate-B)は、株式会社フォーイット運営のアフィ

リエイトASP。(親会社は東証マザーズ上場のフルスピード)

アフィリエイター第一主義!を掲げ、サポート体制が良く評判が高いASPです

アフィリエイト・プログラムに関する意識調査で高収入アフィリエイター満足度第1位!

 

 

 

他のASPと違う点

翌々月の振込みのサイトが多い中入金されるのが翌月末

最低支払額は777円

人気なのが報酬金額に消費税(8%)を上乗せしてくれるという点

要するに10,000円の報酬なら1,0800円

 

 

 

審査を通過した際の当ブログの状態

「アフィリエイトB」について検索すると「審査が厳しい」だとか「審査の時間が、1週間~1ヶ月以上かかる。」とか書いてる記事まであって。

 

怖すぎて自律神経乱れて穴という穴から大量の汗をかくようになった。

 

 

 

        

               が…

 

 

 

 

これが申請時の              

f:id:ryocuu:20170331143657p:plain

 

 

 

こっちが承認時のもの

f:id:ryocuu:20170331143743p:plain

 

 

20分で通った

 

 

ちなみに申請時のブログの状態は

月間pv4000

運用期間は1ヶ月

26記事 1500文字以上

 

こんな感じ

 

 

天下のGoogle大明神に比べれば全然大したことないすね

 

 

  • サイトの歴史は関係ない。ひと月あれば十分
  • 申請時の記事数は20本で大丈夫
  • 1000文字以上の記事

 

これくらいあれば問題なく通過できると思われます。

 


2017/4/14(金)13:30 〜 16:30 の間にサイトリニューアルを行ったらしい

 

メールでの告知など観てなかったので突然ログインできなくなりキョドリまくってたのですが、「アフィリエイトb」のサイトから落ち着いてログインしてみたら

 

 

 

【afb(旧 アフィリエイトB)】サイトリニューアルに関してのお詫びとお知らせ
平素はアフィリエイトBをご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

2017/4/14(金)13:30 〜 16:30 の間、サイトリニューアルのため、
管理画面及びサービスページにアクセスしにくい状況が発生しておりました。
また急なドメインの変更により、パートナー様に
ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします。

尚、期間内のトラッキングやその他レポートデータに関しての影響はございません。

▼この度の変更内容は以下になります。
・サービス名 「アフィリエイトB」から「afb (呼称 アフィビー) 」に変更
・サイトURL  https://www.afi-b.com/ に変更
・ロゴマーク
※管理画面等の古いロゴや名称などは順次差し替えていく予定となります。

 

 

現時点で管理画面は同じですがこれから順次変更していくみたいすね。

 

カンファレンスバナー

 

 

【Dailymotion(デイリーモーション)】

 

Dailymotion(デイリーモーション)とは

フランスの動画共有サービス。
利用登録者数100万人以上、ユニーク数は750万以上というヨーロッパで最も人気が高い動画共有サイトで、日々、9000以上の新しい動画がアップロードされ、1日当たり約1600万以上のページビューがある、YouTube規模のユーザー数はないですが、近年ユーザー数が伸びている、動画共有サイト

 

そしてこのDailumotion(デイリーモーション)でも広告収入を稼ぐことが可能なのでその方法を解説します。

 

 

パートナー登録

① デイリーモーションのトップページに行き下部の「収益化する」をクリック

f:id:ryocuu:20170507160844p:plain

 

 

 

②「始めましょう」をクリック

f:id:ryocuu:20170507160917p:plain

 

 

③識別情報の画面に飛ぶので「メールアドレス」を入力し「次へ」

 

 

④アカウントの作成の画面に飛び、「パスワード」と「チャンネル名」を入力し「作成」

 

 

「パスワード」と「チャンネル名」を入力し「作成」をクリックすると、管理画面に飛ぶので、上部にある「収益化を有効にする」をクリック、利用規約にチェックを入れて「同意します」をクリック。

 

これでデイリーモーションのパートナー登録が完了、広告収入を得るための下準備が整いました。

 

 

 

ブログを活かして【Dailymotion(デイリーモーション)】で収益化する方法

 

Youtubeはパートナー登録をしアドセンスと紐付けし動画を投稿すると広告収益が入るので手軽でお小遣い稼ぎに利用している人も多いでしょう「好きなことで生きていく」を歌い文句に、尻に花火を突っ込んだり、会社の上司を吊るしたり、そこでYoutube以外に広告収入を手軽に得られる動画共有サービスはないのか調べると面白い動画共有サービスサイトを発見した。

 

 

 

Dailymotionの特色・収益の仕組み

 

動画アップロード

自分で動画をアップし動画内で流れた広告に応じ収益が入るお馴染みのアレ

 

再投稿

他人の動画を自分のタイムラインに持ってこれる「再投稿」機能。ツイッターのリツイートやタンブラーのリブログに似た機能です。

 

ウェブサイトの収益化

他人の動画を自分のブログで紹介すると収益が入る機能(ブログの事前登録が必要。)

 

有料コンテンツ販売

 

 

注目するのはウェブサイトの収益化

自分では動画を制作出来ない方でも、自分のブログで他人の動画を紹介するだけで収益が得られるというシステム、しかし実際利用してる人の意見を見ると収益率はYoutubeの4分の1程度だそうですが、わずかでも収益が得られるのは見逃せないと思いますリスクヘッジの意味でも

 

Dailymotion内で動画を探して気になった点はYoutubeに比べて動画を探しづらいという点。Youtubeなら検索すれば目ぼしい動画がある程度出てきて無限に紹介できそうですが、Dailymotionは何回か検索しても目新しい結果が得られず、イマイチだなと思いました。

 

 

 

忍者AdMax

 

f:id:ryocuu:20170824162306p:plain

 

マルチデバイスと豊富な広告フォーマット
PCのバナー広告以外にも、スマートフォン用広告やアプリ広告など幅広い種類の広告に対応。
1つの管理画面でレポートも一元管理することができます。

 

収益を最大化する忍者AdMaxの配信ロジック
30社以上の広告会社と連携し、1インプレッション毎にリアルタイムで広告のオークションを行い、あなたのサイトの収益を最大化します。
表示報酬、クリック報酬、成果報酬の区別なくもっとも高単価な広告を選別して表示します。

 

 

 

 

忍者AdMaxのメリット

アドセンスとは違い入会審査不要で即広告を貼れる。

アダルトサイトOK、アドセンスNGサイトでも貼れる。

 

 

忍者AdMaxのデメリット


禁止ワードがあれば広告は表示されない。

そもそも広告の質が低く、発生する報酬も低い。

 

 

 

忍者AdMaxの禁止事項

 


下記コンテンツを含むブログ、ウェブサイトまたはスマートフォンアプリを、対象サイト・アプリとして設定する行為

 

事実に反する、またはそのおそれのあるもの


人の殺害現場の画像等の残虐な情報


人を自殺に誘引または勧誘するもの


他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損するもの


他者の名義を冒用したもの、他者になりすましたもの


公衆の射幸心を煽るもの


法令に違反するもの、もしくはそのおそれのあるもの、あるいは、それを幇助するもの


第三者もしくは当社の著作権、商標権などの知的財産所有権を侵害するもの、又は侵害するおそれのあるもの


公序良俗に反する、又はそのおそれのあるもの


→忍者AdMax 利用規約|忍者ツールズ

 

 

9割の人が月に5,000円も稼げないなんて言われていますが、それはそもそも稼げない内に辞めてしまうから。

 

稼げないのは物理的に当然でアクセスがないから。

アクセスがないのは有名人の様に固定ファンもおらずSNSで拡散しないから。

 

記事も少なくSEOが効いていないので検索に引っかからないから。

 

3ヶ月続けてまだ1日100PVなんてザラです。

 

こんな状態でアフィリエイトに注力する事自体無駄な努力です。

 

そうしているうちに「ブログで生活なんて絶対ムリだ、時給に換算したら20円もいかない」という徒労感に押し潰されて更新を停止する事になります。

 

アフィリエイトは貼りすぎるとSEO的にも良くないというと言う話もある。

 

ブログ開設当初からベタベタ貼りまくるのは間違いなく悪手。

 

おそらく「アフィリエイトで稼ぐ」みたいな言葉が一人歩きしているんでしょうが、過去記事という資産ができてアクセスが増えてから必要なら後で差し込めばいいんです。

 

まずはアドセンスで収益が出るまで頑張りましょう。

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク