巨人軍マンセー

野球、150年の歴史、MLBの驚愕の記録の数々をランキングにした

タイトルの通り!数あるMLBの破壊的な記録の中で厳選し、ランキング形式で紹介します!

 

MLBの偉大な記録をランキングトップ10

当たり前ですが、順位は下位だからといって「150年にも及ぶMLBの歴史の中から選んだトップ10」なので大差はありません。

是非見て言ってください

10位 イチロー シーズン安打記録:262安打(2004年)

 

ジョージ・シスラーを84年ぶり更新。安打数リーグ2位を記録した打マイケル・ヤングとの46安打差は史上最大差

 

75試合目以降159安打をマーク打率4割1分8厘最後の74試合は打率が4割3分3厘で141安打7月に51安打

8月には56安打を記録(戦後最多)9、10月も合計で50安打5月にも月間50安打を放っており、月間50安打以上1シーズンで3回も記録したのは、後にも先にも、イチロー1人

2004年 イチロー月別打撃成績

月別 打率 安打 本塁打 出塁率・長打率
4月 .255 26 1 .309 .304 
5月 .400 50 2 .436 .496
6月 .274 29  0 .339 .358
7月 .432 51  1 .460 .500
8月 .463 56  4 .492 .636
9月 .373 44  0 .429 .398
10月 .429 6  0 .429 .429
前半戦 .321 119  3 .369 .399
後半戦 .429 143  5 .465 .517
通算 .372 262  11 .414  .455

 

 

9位 ノーラン・ライアン 通算5714奪三振

 

ニックネームは「Ryan Express」

単純計算で300奪三振を19年続けてようやく近づける記録、2位がランディ・ジョンソンの4875奪三振、3位が4672奪三振のロジャー・クレメンス

ちなみに殿堂入りしたノーラン・ライアンの得票数491票は当時歴代1位、得票率98.79%は歴代1位だった

ノーランライアンの 主なタイトルや記録

最優秀防御率 2回

最多奪三振 11回

ノーヒットノーラン 7回

通算奪三振:5714(歴代1位)

通算与四球:2795(歴代1位)

通算暴投数:277(歴代1位)

 

ノーランライアンキャリアハイ

1973年  MLB成績    
試合数 41 打者数 1355
投球回数 326.0 被本塁打 18
奪三振 383 防御率 2.87
被安打 238    
与四球 162    
自責点 104    
失点 113    

 

 

8位 リッキー・ヘンダーソン 通算1406盗塁 シーズン130盗塁

 

他の追随をまったく寄せ付けない盗塁数、先頭打者としての出塁率の高さなどは評価が高く、しばしば「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」「盗塁男(Man of Steal)」と呼ばれる。

 

リッキー・ヘンダーソンの記録・キャリアハイ

1982年      
試合数 149 打点 51
打席数 656 得点 119
打数 536 犠打
安打 143 犠飛 2
四球 116 盗塁 130
死球 2 打率 0.267
本塁打 10 出塁率 0.398
 

 

シーズン100盗塁以上を3回記録・1406盗塁 335盗塁死 成功率.808

1試合最多盗塁は5盗塁。1試合4盗塁は18回記録している。

 

盗塁王 12回

通算盗塁:1406(歴代1位)

通算盗塁死:335(歴代1位)

通算得点:2295(歴代1位)

通算四球:2190(歴代2位、(敬遠688)故意四球を除けば歴代1位)1位はボンズ 四球2558(敬遠688)

通算先頭打者本塁打:81(歴代1位)

シーズン最多盗塁:130(1982年)

シーズン最多盗塁死:42(1982年)

25年連続シーズン本塁打記録

25年連続シーズン盗塁記録

 

7位タイ・カップ 23年連続打率3割

悪評も有名な人物であり、「最高の技術と最低の人格」「メジャーリーグ史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手」とも評された。

 

 カップの有名な写真がこれ

f:id:ryocuu:20170413000431j:plain

洋画で出てくる、普段主人公を虐めてるけれど、真っ先に無様に死ぬ悪ガキタイプの顔ですよね、タイ・カップ

f:id:ryocuu:20171008205410j:plain

 

6位 カル・リプケンJr.  2632連続試合連続出場

 

歴代1位となる2632試合連続出場を記録した。現役時代の全てをボルチモア・オリオールズで過ごした現代では数少ないフランチャイズ・プレイヤー

現代野球において恐らくこの記録を破る選手は出てこないだろう。

過密スケジュール・長距離移動、1997年からはメインポジションが三塁手になるが、負担の多い遊撃手というポジションで162試合、15シーズンに跨って試合に出続けたリプケン

本拠地最終戦162試合目に「俺は今日は出ない」と自分で区切りをつけた。

「攻」「守」に穴のないカル・リプケンJr.

アメリカンリーグのみで3000本安打と400本塁打の記録を達成した事からも分かるように「打」の方も非常に優秀

ゴールドグラブ賞受賞は2回にとどまったものの、通算守備率.979は、遊撃手のMLB歴代4位(天然芝を本拠地とする選手としては歴代1位)

1990年には、95試合連続無失策、シーズン守備率.996という当時の遊撃手のMLB新記録を樹立している。

 

カル・リプケンJr.のキャリアハイ(打撃成績)

1991年      
試合数 162 打点 114
打席数 717 得点 99
打数 650 犠打 0
安打 210 犠飛 9
四球 53 盗塁 6
死球 5 打率 0.323
本塁打 34 長打率 0.566
 

 

5位 ピート・ローズ 通算4256安打

 

豆知識

1985年 - ピート・ローズが4192安打を放ってタイ・カッブの記録を更新したのが9月11日その9月11日に野球界で起きた事は

1992年 - 日本プロ野球史上最長の試合が行われる(阪神甲子園球場での阪神対ヤクルト戦、6時間26分)

2001年 - アメリカ同時多発テロ事件

 

ちなみに日米通算のイチロー記録ですが、記録の連続性という意味合いはとても大きいと思います。

勿論イチローの記録は物凄いですが、MLBはMLBで、日本は日本の記録で、これは日本人が言っていくべきなんじゃないか、と言うのが個人的な意見です。

 

ピートローズの記録とキャリアハイ(打撃成績)

通算安打:4256(歴代1位)

通算試合:3562(歴代1位)

通算打数:14053(歴代1位)

通算打席数:15861(歴代1位)

通算出塁数:5929(歴代1位)

通算単打:3215(歴代1位)

シーズン200安打:10(歴代1位タイ)

 

1973年      
試合数 160 打点 64
打席数 752 得点 115
打数 680 犠打 1
安打 230 犠飛 0
四球 65 盗塁 10
死球 6 打率 0.338
本塁打 5 長打率 0.437
 

 

ちなみに、ピート・ローズは打撃妨害の数「29」のMLB記録も持っていましたが、今年(2017年9月12日)ジャコビー・エルズベリーに抜かれてた。

 

ピートローズ 15890打席で29回

エルズベリーは 5310打席で30回

4位 テッド・ウィリアムズ シーズン打率.406・84試合連続出塁

MLB最後の規定4割打者である。

通算出塁率.482はメジャー歴代1位1941年には打率4割の期待がかかり、シーズン最終日にダブルヘッダーを残して打率.3995 打率は毛を四捨五入して厘の値までとなり、この時点でも記録上は打率4割となるため、周囲からは欠場を勧められた。

しかしウィリアムズはダブルヘッダーに出場。ウィリアムズは同2試合で8打数6安打を記録し、打率4割を6厘上回った。

 

テッド・ウィリアムズ キャリアハイ(打撃成績)

1941年      
試合数 143 打点 120
打席数 606 得点 135
打数 456 犠打 0
安打 185 三振 27
四球 147 盗塁 2
死球 3 打率 0.406
本塁打 37 長打率 0.735
 

 

野球殿堂入りを果たした際の式典スピーチでは、サチェル・ペイジやジョシュ・ギブソンなどニグロリーグで活躍した名選手たちの殿堂入りを訴えた。

 

3位 ニューヨーク・ヤンキース ワールドシリーズ5連覇

ヤンキース1949~53年3連覇
ヤンキースは1936~39年に4連覇を達成している
長期化したポストシーズンに加え、選手の移籍が激しくチーム力が入れ替わる現代においてこの記録を破るのは困難と言える

 

圧倒的優勝回数と一桁番号が全て永久欠番からもわかる歴史

 wiki引用

f:id:ryocuu:20171008232031p:plain

  

2位 ジョー・ディマジオ 56試合連続安打

 

56試合連続安打期間中の安打数は91で

4安打が4試合

3安打が5試合

2安打が13試合

1安打が34試合

さらにディマジオは記録が途絶えた翌日から再び16試合連続安打を打った。

 

 

余談ですがディマジオは当時はまだ新人女優であったマリリン・モンローと結婚しました。

 

f:id:ryocuu:20171008235750j:plain

 

ジョー・ディマジオとマリリン・モンローは新婚旅行では日本を訪れています。しかし結婚後わずか274日で離婚してしまいます。

しかし、ジョー・ディマジオは離婚後も、心ないマスコミの攻撃にさらされて孤独に陥った時に頼ってきたモンローを一途に支え続けました。

ついにジョー・ディマジオは再婚するつもりである事を友人に語っていますが、それは悲しくも彼女の亡くなる数日前のことだったと言います。

 

ジョー・ディマジオのキャリアハイ(打撃成績)

1937年      
試合数 151 打点 167
打席数 692 得点 151
打数 621 犠打 2
安打 215 三振 37
四球 64 盗塁 3
死球 5 打率 0.346
本塁打 46 長打率 0.673
 

 

1位 サイ・ヤング 通算511勝

この記録は現代において破るどころか、近づくことさえ困難な記録でしょう

ヤングの死の翌年1956年に、彼の業績を称えてフォード・フリックコミッショナーが、シーズンの最優秀投手を表彰するサイ・ヤング賞を制定した

 

 サイヤング・キャリアハイと通算成績

 キャリアハイ

1892年  成績    
試合数 53 打者数 1847
投球回数 453.0 被本塁打 8
奪三振 168 防御率 1.93
被安打 363  勝ち  36
与四球 8  負け  12
自責点 97    
失点 158    

 

 通算

通算  成績    
試合数 905 打者数 29565
投球回数 7356.0 被本塁打 7092
奪三振 2803 防御率 2.63
被安打 7092  勝ち  511
与四球 161  負け  316
自責点 2147    
失点 3167    

 

番外編

バリー・ボンズ 1シーズン 73本塁打、長打率.863、232四球、120敬遠、出塁率.609、OPS1.421)

2001年      
試合数 153 打点 137
打席数 664 得点 129
打数 476 敬遠 35
安打 156 三振 93
四球 177 盗塁 13
死球 9 打率 0.328
本塁打 73 長打率 0.863
 

 

バリー・ボンズ(40歳)打撃成績

2004年      
試合数 147 打点 101
打席数 617 得点 129
打数 373 三振 41
安打 135 打率 0.362
四球 232 長打率 0.812
敬遠 120 出塁率 0.609
本塁打 45 OPS 1.422
 

 

 

エリック・ガニエ 84試合連続セーブ成功、158セーブ機会中152セーブ成功

当時ドジャー・スタジアムでは、ガニエが登板すると"Welcome to the Jungle" がかかり、電光掲示板には彼の似顔絵とともに "GAME OVER" と表示されていた。

 

f:id:ryocuu:20171009170032j:plain

 

Welcome to the Jungle

Welcome to the Jungle

  • ガンズ・アンド・ローゼズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

オーレル・ハーシュハイザー 59イニング連続無失点

モントリオール・エクスポズ戦5回に2失点してから以降6試合で5完封 、ドジャースの大先輩ドン・ドライスデール が1968年に打ち立てた連続無失点イニング58回3分の2のメジャー記録を更新した。