Follow @ryokn_10
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MLBの偉大な記録を振り返ろう

 

 

NPBが開幕し間もなくMLBも開幕し野球ファンがブヒブヒ言える季節が到来した。

 

ジョージ・スプリンガーが開幕9試合で4本目の先頭打者本塁打メジャー史上初の快挙を達成した。

 

 

 

月間最多先頭打者本塁打・7本/アルフォンゾ・ソリアーノ(2007年)
年間最多先頭打者本塁打・12本/ブラディ・アンダーソン(1996年)
年間最多先頭打者本塁打・12本/アルフォンゾ・ソリアーノ(2007年)

 

同日にヨエニス・セスペデスが球団史上3人目となる5回までに3HRを記録

 

 

 

宅配レンタルなら U-NEXT

 

 

 

ここでMLBの偉大な記録をランキング形式で紹介する

 

 

10位

イチロー シーズン安打記録:262安打(2004年)

 

ジョージ・シスラーを84年ぶり更新。また、安打数リーグ2位を記録した打マイケル・

ヤングとの46安打差は史上最大差

75試合目以降159安打をマーク打率4割1分8厘

最後の74試合は打率が4割3分3厘で141安打

7月に51安打、8月には56安打を記録(戦後最多)

9、10月も合計で50安打

5月にも月間50安打を放っており、月間50安打以上1シーズンで3回も記録したの

は、後にも先にも、イチロー1人とされる

 

 

 

 

9位

ノーラン・ライアン 通算5714奪三振

 

2位がランディ・ジョンソンの4875奪三振

 

通算与四球:2795(歴代1位)

 通算暴投数:277(歴代1位)

通算7度のノーヒットノーラン

殿堂入りしたノーラン・ライアンの得票数491票は当時歴代1位、得票率98.79%は歴代2

位だった

 

 

 

 

 8位

 リッキー・ヘンダーソン 通算1406盗塁 シーズン130盗塁

 

 

 シーズン100盗塁以上を3回記録

1406盗塁 335盗塁死 成功率.808

 

通算出塁率.401

ボンズ 四球2558 (敬遠688)
リッキー 四球2190 (敬遠61)

 

同僚だった吉井理人曰く、いつも「ヘイ、リッキー」から始まる自分で自分に話しかけ

る独り言をぶつぶつ言っていたらしい

「リッキー、アウトコースはこうやって打つんだ」

(独り言を言いながら打撃を修正して次の打席でホームラン)

「リッキー、スコアボードをボーっと見てちゃだめだぞ」

(牽制死して帰ってきながら)

 

 

 

 

7位

タイ・カップ 23年連続打率3割

 

悪評も有名な人物であり、「最高の技術と最低の人格」「メジャーリーグ史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手」とも評された。

 

 カップの有名な写真がこれ

f:id:ryocuu:20170413000431j:plain

 

 

 

 

6位 

カル・リプケン  2632連続試合連続出場

 

過密スケジュール・長距離移動でしかも負担の多い遊撃手というポジションで162試合 

15シーズンに跨って試合に出続けたリプケン

 

本拠地最終戦162試合目に、「俺は今日は出ない」と自分で区切りをつけた。

 

 

 

 

 

5位

ピート・ローズ 通算4256安打

 

通算安打:4256(歴代1位)

通算試合:3562(歴代1位)

通算打数:14053(歴代1位)

通算打席数:15861(歴代1位)

通算出塁数:5929(歴代1位)

通算単打:3215(歴代1位)

シーズン200安打:10(歴代1位タイ)

 

イチローが日米通算安打記録4257を樹立した日の記者会見にて

『いつかアメリカで、ピート・ローズの記録を抜く選手が出てきてほしいし、

それはジーターみたいな人格者であることが理想ですし、もっと言えば、

日本だけでピート・ローズの記録を抜くことがおそらく一番難しい記録だと思うので、

これを誰かにやってほしい。とてつもなく難しいことですけど、それを見てみたいですよねぇ。』

 

 

 

4位 

テッド・ウィリアムズ シーズン打率.406

 

 

MLB最後の規定4割打者である。通算出塁率.482はメジャー歴代1位

1941年には打率4割の期待がかかり、シーズン最終日にダブルヘッダーを残して打

率.3995 打率は毛を四捨五入して厘の値までとなり、この時点でも記録上は打率4割と

なるため、周囲からは欠場を勧められた。しかしウィリアムズはダブルヘッダーに出

場。ウィリアムズは同2試合で8打数6安打を記録し、打率4割を6厘上回った。

 

 

 

めりーさんの高反発枕 高反発マットレス_モットン

 

 

 

3位

ニューヨーク・ヤンキース ワールドシリーズ5連覇

 

ヤンキース1949~53年5連覇

ヤンキースは1936~39年に4連覇を達成している

長期化したポストシーズンに加え、選手の移籍が激しくチーム力が入れ替わる現代においてこの記録を破るのは困難と言える

 

 

 

2位

ジョー・ディマジオ 56試合連続安打

 

 

接近したのがジミー・ロリンズの38試合連続安打

ディマジオは記録が途絶えた翌日から再び16試合連続安打を打った

 

イチローは過去にシーズン打率4割と56試合連続安打について、56試合連続安打の方が

難しいと答えています。

 

余談ですがディマジオは当時はまだ新人女優であったマリリン・モンローと結婚しました。

 

 

 

1位 

サイ・ヤング 通算511勝

 

この記録は現代において破るどころか、近づくことさえ困難な記録でしょう

 

ヤングの死の翌年1956年に、彼の業績を称えてフォード・フリックコミッショナーが、シーズンの最優秀投手を表彰するサイ・ヤング賞を制定した

 

 

 

以上 マニアからのツッコミお待ちしてる。