Follow @ryokn_10
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球ファンが おすすめする 野球本7選

7位 「プロ野球・2軍の謎」

 

プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)

プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)

 

這い上がるか、クビか。奮闘する二軍のリアルを現役監督が解説!

一軍を支え、一軍を目指すプロ野球の二軍。各チームに所属する約70名の「支配下登録選手」のうち、一軍登録された28名を除く最大42名の彼ら二軍選手は、どんな日々を送っているのか? 一軍の状況次第で急遽昇格することもあれば、二軍戦への出場機会ですら一軍選手に奪われることも。調整中のベテランと新人選手が入り交じり、「プロの厳しさ」を肉体的・精神的に学ぶ「二軍のリアル」を元メジャーリーガーの現役監督が解説。さらには、日米ファームチームの違いや二軍の試合の楽しみ方、監督ならではの

苦労や裏話も満載。

 

田口壮が過去に出版した本も面白いので是非

 

 

 

6位 「狂騒の東京オリンピック

2020 狂騒の東京オリンピック

2020 狂騒の東京オリンピック

 

この本では、話題となっている国立競技場国立の建替え問題あんな建設費が膨らんだ背景目には?どのようなことが起きてしまっているのか、どこの組織も同じような問題を抱えている、東京五輪を迎える日本人にとって他人事ではない名著。

 

 

 

5位 「イエローサブマリン

 

イエロー・サブマリン (小学館文庫)

イエロー・サブマリン (小学館文庫)

 

 

江夏の21球」「たったひとりのオリンピック」などで有名な山際淳司氏の著書、まだ日本で「メジャーリーグ」という言葉を知らない人も多かった頃下手投げ投手のメジャーリーグ挑戦を描いた慧眼

 

 

4位 「スローカーブを、もう1球」

 

 

題名が秀逸で引き付けられる

 

一部抜粋

「どんなゲ ームにも語りつがれてやまないシ ーンがある 。それは人生がゲ ームのようなものだからだろうか 、それともゲ ームが人生の縮図だからだろうか 。」 山際淳司

 

 

 

 

 

3位 「メジャーリーガーの女房」

 

 

メジャーリーグ挑戦にあたり、田口夫妻にはある決まりごとがあった「こんなはずじゃなかった」と絶対に言わないこと。ところが、「こんなはずじゃなかった」ことだらけで、どこから突っ込めばいいのかわからないほど、二人の行く手は険しかった。夫婦二人三脚、途中からは息子・両親も加わって、家族一丸で駆け抜けた激動の8年間。悠々自適、豪華絢爛なメジャーの奥様生活なんて夢のまた夢だ。笑いあり、涙あり、喜びあり、苦い思いあり。ワールドチャンピオンに二度輝いた男「田口壮」を支えたヨメだけが知るメジャーリーグ挑戦秘話

 

 

 

2位 「マネーボール

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

 

 

固定観念に囚われない事、シンプルな価値観とビジョン、野球をマクロ的視野から分析し今まで過小評価さていた選手を改めて見出そうという試み・選手各々の特徴を分かりやすくしたり・球団が選手評価一助に使ったり客観視の重要を再認識できる本。

少々小難しい内容ですが、野球ファンでなくても一度読んでおいて損はないと思います。

 

 

 

1位 「豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品 」

 

豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品

豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品

  • 作者: ジェフ・パッサン,棚橋志行
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポーツのライターである @JeffPassan  氏が執筆した「Therm」の日本語翻訳版。かなり野球オタク向けだがトミージョン手術の話から、育成年代における投手の酷使と弊害について語った本

 

 

おまけ